34

最新ニュースを受け取る

中国発 背景に見事に溶け込む「透明人間」

リウさんの公式サイトより

遠くから見たらなんの変哲もない本棚なのに、よく見たら人がいる。こういった背景に溶け込んでいる作品を生み出し続けているのが、中国のアーティスト、Liu Bolinリウ・ボーリン)さんだ。以前ネットでも話題を集めたが、今回また、彼の写真が話題を呼んでいる。

リウさんは、2005年に「Hiding in the City」という、自身を背景に溶け込ませる作品の制作をはじめた。〝透明人間〟として世界各国、あらゆる場所の背景となり、人々に驚きを与えている。

2013年2月、世界中からハイレベルのプレゼンテーションが集まるカンファレンス「TED」に参加した際には、作品の制作過程や制作の意図が明かされている。制作は助手との共同作業で、まずカメラの位置を決め、どこをどのように、どんな色で塗るか、などの指示を与えて出来上がるそうだ。ありふれた生活の背景に溶け込むことによって、矛盾や混乱だらけの社会問題等の関心を呼び起こそうとしている。

※以下、画像はすべてリウさんの公式サイトより引用 リウ・ボーリンさんの作品1 リウ・ボーリンさんの作品2 リウ・ボーリンさんの作品3 リウ・ボーリンさんの作品4 リウ・ボーリンさんの作品5 リウ・ボーリンさんの作品6 リウ・ボーリンさんの作品7 リウ・ボーリンさんの作品8 リウ・ボーリンさんの作品9 また、リウさんは「透明人間」だけでなく、彫像作品も多数創っている。こちらもおもしろいものばかりだ。 リウ・ボーリンさんの作品10 リウ・ボーリンさんの作品11 リウ・ボーリンさんの作品12 なお、11月29日(金)まで、コロンビアで個展を開催中とのこと。ぜひ、日本でも透明人間をやってほしい!

執筆者:あそうまお

こんな記事も読まれています

関連キーフレーズ

「Hiding in the City」を編集する

キーフレーズの編集には新規登録またはログインが必要です。

この記事をツイート 7

KAI-YOUをフォローして
最新情報をチェック!

この記事へのコメント(0)

SNSにも投稿する

twitter_flag facebook_flag
+ コメントをもっと見る

コメントを削除します。
よろしいですか?

ページトップへ