22

最新ニュースを受け取る

まるで特撮!超巨大な怪獣とロボが戦う短編アニメがすごい

(C)2014 nihon animator mihonichi, LLP.

スタジオカラーとドワンゴが共同で企画する短編アニメーション「日本アニメ(ーター)見本市」の第11弾『POWER PLANT No.33』が、予告編に続いて、ついに本編が公開された。

本作は『イヴの時間』や『サカサマのパテマ』などで知られる吉浦康裕さんが原案・監督・脚本、『キルラキル』などの美術監督を務めた金子雄司さんが、原案と怪獣・ロボットデザイン、そして美術監督として参加している。

内容は、突如襲来した巨大ロボットから逃げ惑う人々と、それに立ち向かう超巨大発電体33号「エレキマグマ」の姿を描いた、SF作品に仕上がっている。

かっこいい!超巨大スケールの1ターンバトル

(c)2014 nihon animator mihonichi, LLP. 「日本アニメ(ーター)見本市」は、アニメーションに関連したスピンオフ企画、MVなど、ジャンルを問わず様々な作品を毎週金曜日に公開する企画。毎回、参加している制作陣が豪華なことでも知られている。

本作では、眠り続ける超巨大発電体33号、通称「エレキマグマ」に電力を依存している都市を舞台に、飛来した巨大ロボット「プロトタイタン」と「エレキマグマ」の超巨大スケールな1ターンバトルを展開。

破壊される都市、逃げ惑う人々といったような、昭和の特撮怪獣モノを彷彿とさせる少しレトロで熱い作品になっている。

(c)2014 nihon animator mihonichi, LLP. (c)2014 nihon animator mihonichi, LLP. (c)2014 nihon animator mihonichi, LLP. (c)2014 nihon animator mihonichi, LLP. 2月2日(月)には、ニコニコ生放送で本作の解説番組「日本アニメ(ーター)見本市-同トレス-」を放送予定。監督の吉浦康裕さんをはじめ、金子雄司さん、キャラクターデザイン・作画監督の斉藤健吾さんらが揃って出演する。

こんな記事も読まれています

関連キーフレーズ

「吉浦康裕」を編集する

キーフレーズの編集には新規登録またはログインが必要です。

この記事をツイート 10

KAI-YOUをフォローして
最新情報をチェック!

この記事へのコメント(0)

SNSにも投稿する

twitter_flag facebook_flag

コメントを削除します。
よろしいですか?

ページトップへ