1133

SF大作『BEATLESS』CD付き限定セットが超ヤバい! 5年ぶりredjuice・livetuneタッグも

『BEATLESS“Tool for the Outsourcers”』特製スリーブ表紙

第34回日本SF大賞の最終候補作品にも選ばれた、SF作家・長谷敏司さんの長編小説『BEATLESS』。本作の集大成となる限定セット『BEATLESS“Tool for the Outsourcers”』が、6月25日(水)に発売されることが決定した。

本作のキャラクターデザインを手がけたイラストレーター・redjuiceさんによるイラストを完全収録したガイドブック『INSIDE BEATLESS』。そして、kz(livetune)さんプロデュースのもと、Seihoさんらをはじめとする気鋭アーティストたちが集結したコンピレーションCD、さらに今注目のアニメーションスタジオ・WIT STUDIOによるアニメイラストなどが収録される。

海外でも展開中の『BEATLESS』

reinsidebeatless

『INSIDE BEATLESS』

『BEATLESS』は、『月刊Newtype』にて2011年7月号から2012年8月号まで連載された長編小説。2012年10月には単行本も刊行された。

物語は、社会のほとんどを人型アンドロイドに任せるようになった100年後の未来で、ある少年とアンドロイドの少女の出会いからはじまる、近未来SFボーイ・ミーツ・ガールを描いている。

アニメ『ギルティクラウン』のキャラクター原案やデザイン、イラストを多数手がけるイラストレーターのredjuiceさんとのコラボということもあり、話題を集めた。

また、2014年1月からは、日本のオタクカルチャーを世界へ発信するサイト「Tokyo Otaku Mode(以下TOM)」にて英訳連載も始まり、国内外で注目を集める作品だ。

さらに、TOMの英訳連載では、アニメ『進撃の巨人』を手がけたアニメーションスタジオ・WIT STUDIOによる描き下ろしのイラストも掲載されている。

reanimation02

TOMでの英訳連載のために描き下ろされたWIT STUDIOによる原画

この度新たに刊行される『BEATLESS“Tool for the Outsourcers”』では、作品の集大成として、redjuiceさんによるイラストや作品設定を完全収録し、高い評価を集めた『INSIDE BEATLESS』、WIT STUDIOによるイラストとラフ、未公開設定画も収録される。

約5年ぶりのコラボレーション


relivetune_photo

kz(livetune)さん

『BEATLESS“Tool for the Outsourcers”』は、ただのこれまでのアーカイブではない。

Web CM 「Google Chrome: Hatsune Miku (初音ミク)」で使用された楽曲「Tell Your World」や、ファレル・ウィリアムスさんがリミックスし、村上隆さんがMVを手がけた「Last Night,Good Night(Re:Daialed)-Pharrell Williams Remix-」でも話題を集めた、livetuneのkzさんのプロデュースによる、全曲書き下ろしのコンピレーションイメージアルバムCDも付属される。

なお、redjuiceさんとkzさんのコラボレーションは、初音ミク初のメジャー作品『Re:Package』のリミックス盤として2009年3月に発売されたアルバム『Re:MIKUS』以来、約5年ぶりとなる。

コンピレーションCDには、アニメ『交響詩篇エウレカセブン』、『デッドマン・ワンダーランド』などの主題歌を担当したニルギリスとのコラボレーション、“livetune adding NIRGILIS”名義でのトラックも収録される。

その他にも、Seihoさん、banvoxさん、fazerockさん、y0c1eさん、Pa’s Lam SystemSakiko Osawaさんといった、ネットやクラブシーンを賑わす次世代アーティストが揃い、『BEATLESS』ファンのみならず、音楽ファンにとっても期待度の高い作品になっているようだ。

こんな記事も読まれています

関連キーフレーズ

「SF」を編集する

キーフレーズの編集には新規登録またはログインが必要です。

この記事をツイート 710

KAI-YOUをフォローして
最新情報をチェック!

この記事へのコメント(0)

SNSにも投稿する

twitter_flag facebook_flag

コメントを削除します。
よろしいですか?