687

最新ニュースを受け取る

ANAが現代アートをWeb上で再現! バーチャル美術館「IJC MUSEUM」

IJC MUSEUM

全日本空輸株式会社(ANA)が、2月29日(月)、訪日外国人向けのプロモーションメディア「IS JAPAN COOL?」にて、アートをテーマとしたバーチャル美術館プロジェクト「IJC MUSEUM」を公開した。

同プロジェクトは、日本を代表する現代アーティストの作品を、世界中どこからでも、いつでもWeb上で体感できるバーチャル美術館。

出品アーティストは、日本アート界の重鎮・草間彌生さんをはじめ、ネオ日本画の天明屋尚さん、アーティストユニット・Nerholなど、国内外で活躍する総勢7組。
IJC MUSEUM

圧倒的なリアリティ! バーチャル美術館「IJC MUSEUM」

IJCMUSEUM入口

IJCMUSEUM入口

2016年、訪日外国人の数が2000万人を超えることが期待される中、需要と重要性がますます増加する日本のアート。外国人観光客に、より充実した体験をしてほしいという想いから、今回のプロジェクト「IJC MUSEUM」がスタートした。

同プロジェクトでは、最新テクノロジーでバーチャルな美術館をWeb上に建設。日本を代表する現代アーティストたちの作品を仮想空間上に再現・展示するというアートとテクノロジーが融合したプロジェクトとなっている。
サイトの訪問者数に応じて鑑賞者数も変化する

サイトの訪問者数に応じて鑑賞者数も変化する

360度のパノラマ視点で見渡せる展示空間は、建築家監修の元に設計。実際の美術館を訪れているかのように感じることができるという。 360度好きな位置から作品を鑑賞することが可能 最新鋭の機器を用いて3Dスキャンされ、自由な角度で鑑賞できる作品や、高精細な画像データとして細部まで拡大して鑑賞可能な作品も展示。また、3DCGでインスタレーション作品も再構築される。 写真を撮ってSNSでシェアが可能 通常、日本の美術館では展示室内での作品の撮影は禁止されているが、同プロジェクトでは、作品をあらゆる角度から撮影、Facebook、TwitterなどのSNSに向けて発信も可能となっている。
アーティスト紹介・インタビュー動画

アーティスト紹介・インタビュー動画

作品をより深く知るために、アーティストのプロフィールやインタビュー動画、制作風景といった詳細な情報も得ることができ、日本全国のミュージアムを総勢30館にわたって紹介するガイドのページも用意されている。
天明屋尚さんの作品

天明屋尚さんの作品

出品者は先述以外にも、束芋さん、小畑多丘さん、名和晃平さん、池田学さんといった気鋭アーティストが名を連ねている。

こんな記事も読まれています

関連商品

無限の網―草間彌生自伝 (新潮文庫)

著者 : 草間 彌生
発売 : 2012年3月28日
価格 : 724円(税込み)
販売元 : 新潮社

関連キーフレーズ

「バーチャル」を編集する

キーフレーズの編集には新規登録またはログインが必要です。

この記事をツイート 50

KAI-YOUをフォローして
最新情報をチェック!

この記事へのコメント(1)

SNSにも投稿する

twitter_flag facebook_flag
eddy

江田 よしお

試みとしては面白いと思います。
が、全景のイメージどうにかならなかったものでしょうか。
昔テレビで放送されていた電波少年と言う番組を連想してしまいます。
その点はイメージ崩れそうで残念。

+ コメントをもっと見る

コメントを削除します。
よろしいですか?

ページトップへ