「POPisHere」×「MARKEY」×「KUDAN」ラフォーレ原宿で新世代ストリートブランドが邂逅

Click
open

特集 | 市場規模はマヨネーズ並み!人生を変えるカードゲームの魔力

1108

ホログラムコミュニケーションロボット「Gatebox」

IoT(Internet of Things)製品の企画・開発を手がける株式会社ウィンクルが、自分の好きなキャラクターと一緒に暮らせる世界初のホログラムコミュニケーションロボット「Gatebox」のコンセプトモデルを開発した。

また、製品化に向けた採用強化のために総額約9,000万円の資金調達を実施したという。

デジタルキャラクターとコミュニケーションがとれるGatebox!

ホログラムコミュニケーションロボット「Gatebox」 2 Gateboxは、ホログラムの投影技術とセンサーを活用したコミュニケーション技術を組み合わせることで、デジタルキャラクターを出現させ、リアルなコミュニケーションをとることを可能にしたホログラムコミュニケーションロボット。

デジタルキャラクターは多種多様なセンサーによりユーザーの行動を認識し、朝になると起こしてくれたり、家に帰って来ると優しく出迎えてくれる。

ホログラムコミュニケーションロボット「Gatebox」 3 さらに、インターネットや家電とつながることで、天気を伝えたり、お風呂あがりにテレビをつけるなど、簡単な手伝いをしてくれる。

画面の向こうにいるキャラクターとの共同生活を実現できてしまう夢のような技術だ。

2016年秋にクラウドファンディングで販売予約開始を予定

ホログラムコミュニケーションロボット「Gatebox」 4 スマートホーム(家庭内の電化製品や情報家電製品をネットワークにつなぎ一括管理できる住宅)市場やロボット産業の隆盛により、家庭へのロボットのさらなる普及が予測される昨今。

ウィンクルは、見た目が同じロボットではなく「一人一人の趣味嗜好に合った多様性のあるロボットをつくりたい」というアイデアのもと、Gateboxの開発をはじめたという。

今後は製品化に向け、キャラクターのリアリティやコミュニケーション精度の向上に力を入れ、2016年秋にクラウドファンディングで販売予約開始を予定している。

また、同社は、今回の資金調達で、Gatebox製品化に向けIoT領域にチャレンジしたいエンジニアをハードウェア/ソフトウェア問わず幅広く採用していく方針を示している。

こんな記事も読まれています

Recommended by

関連商品

ホログラムを登る男

著者 : 平沢進
発売 : 2015年11月18日
価格 : 3,240円(税込み)
販売元 : TESLAKITE

関連キーフレーズ

「Gatebox」を編集する

キーフレーズの編集には新規登録またはログインが必要です。

この記事をツイート 397

KAI-YOUをフォローして
最新情報をチェック!

この記事へのコメント(0)

SNSにも投稿する

twitter_flag facebook_flag

コメントを削除します。
よろしいですか?