144

神モデラー現る! 92万円で落札されたガンプラが凄まじい

画像は出品者さんのHPより

2013年11月17日(日)、νガンダム(ニューガンダム)のガンプラ(「ガンダム」シリーズのプラモデル)が、ヤフオクで926,001円で落札された。

出品当初から話題となっていた超クオリティ

92

入札件数もものすごい数

νガンダム(ニューガンダム)は1988年に公開された劇場版アニメ『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』に登場するモビルスーツ。今回落札されたのは「1/100 MG RX-93 νガンダム Ver.Ka」改修塗装済完成品。2013年11月11日(月)に出品され、開始の100円から数日で60万円以上になるなど、当初からこのオークションは非常に話題となっていた。そして11月17日(日)のオークション終了日には見事926,001円で落札されることとなった。

細部がパない!

スゴすぎる「1/100 MG RX-93 νガンダム Ver.Ka」改修塗装済完成品2

見た目だけではない。その非常に細かな説明にも圧倒される

92万という高額がついた今回のガンプラのクオリティは、やはり相当のものだ。プラモデルを単に作るのではなく、細かなところまで彫ったり色を付けるだけでなく、パーツを新たに作って加えたりと、改造することでかっこよさに磨きをかけている。これぞ大人の本気、と言えるだろう。

長画像3枚に及ぶ写真に追記された解説に唸るファンも多数。ガンダムを知らない人でもため息をついてしまいそうなかっこいいものになっている。ヤフオクに設置された出品者への質問コーナーには、質問以外にも「素晴らしい」「惚れ惚れした」との感想も寄せられた。

スゴすぎる「1/100 MG RX-93 νガンダム Ver.Ka」改修塗装済完成品3 スゴすぎる「1/100 MG RX-93 νガンダム Ver.Ka」改修塗装済完成品4 出品者さんのブログによると制作期間は10ヶ月超だそうだ。これは出品者の処女作である「MGシャア専用ズゴック」の制作期間である約1年3ヶ月に次ぐ長さとのこと。確かにここまで緻密に作られた作品なら納得できる。出品者さんは自身を素人だと言っているが、この超大作はスゴすぎる!

過去には135万円で落札されたガンプラも…!

wsf3

左が改造した「MGストライクフリーダム」、右がオリジナル/出品者さんのHPより

ちなみに今回とは別の方だが、2007年には「MGストライクフリーダム」のガンプラが、1,356,000円で落札されたことがある。こちらの改造も元々のデザインから一新して白く塗り替えられ、ますますかっこいいガンプラへと変身した。

職人技を持ったガンプラビルダーたち

「ガンプラ」とは、バンダイが製造する「ガンダム」シリーズに登場したモビルスーツなどのプラモデルのこと。79年から放送された『機動戦士ガンダム』のTV放送の人気を受け、その後、日本のプラモデル史上最大のヒットと言われるまでになった。ガンプラはもはやプラモデルの中のジャンルの一つとして、今でもファンの間では愛されている。ガンプラ製作者のことは、敬意を込めて「ガンプラビルダー」と呼ばれることもある。

2013年10月からは『ガンダムビルドファイターズ』が放送中だが、こちらはガンプラに焦点を当てた作品となっている。ガンプラに親しんでいるファンの間では、大変評価が高い、注目のアニメだ。

「ガンダム」同様、長年愛され続けているガンプラ。今後も「ガンプラビルダー」のかっこいい作品に期待だ。


執筆者:あそうまお

こんな記事も読まれています

Recommended by

関連キーフレーズ

「出品者」を編集する

キーフレーズの編集には新規登録またはログインが必要です。

この記事をツイート 44

KAI-YOUをフォローして
最新情報をチェック!

この記事へのコメント(0)

SNSにも投稿する

twitter_flag facebook_flag

コメントを削除します。
よろしいですか?