今年5月、「今の自分を出発しよう」というテーマを掲げ、新しい一歩を応援する「駅すぱあと」と、新進気鋭のバンド・爆弾ジョニーがタッグを組んだ映像作品『新気流に乗って』が公開された。本作では、爆弾ジョニーが新曲「新気流」を書き下ろしたことに加え、バンドのフロントマンであるりょーめー氏が主演を務めている。

2014年10月よりライブ活動を休止し、その後16年4月から活動を再開した爆弾ジョニー。今回、“新しい一歩を踏み出し”た彼らが対談相手に選んだのは、現在絶賛公開中のアニメーション映画『夜明け告げるルーのうた』の監督・湯浅政明氏。爆弾ジョニーとは、監督を務めた『ピンポン THE ANIMATION』(2014年放送)でタッグを組んでいる。

奇しくも、『夜明け告げるルーのうた』も“新しい一歩を踏み出す”青年の物語。

今回の対談では、それぞれの上京秘話から「新気流」制作の裏側、そして、“新しい一歩を踏み出す”ことについて、語り尽くしてもらった。

取材・文:鳴田麻未 撮影:谷浦龍一 編集:須賀原みち

『ピンポン』OPには激しさが欲しかった

──湯浅政明監督と爆弾ジョニーの組み合わせということで、『ピンポン THE ANIMATION』のオープニングタッグの再会ですね。

りょーめー 僕はそれ以前から一方的に湯浅さんの作品のファンでして。『マインド・ゲーム』はもちろん見てて、『ケモノヅメ』も全巻DVD持ってて、『カイバ』もめっちゃ好きでした。だから『ピンポン THE ANIMATION』のオープニングテーマのお話が来たときは沸きましたね。

湯浅 「元気のいいバンドだな」っていうのが、爆弾ジョニーの第一印象。『ピンポン THE ANIMATION』のオープニングには思いの丈を叫んでるような激しさが欲しかったので、こんな若い活きのいいバンドにやってもらえるのはすごくうれしいなって思いました。何曲か候補があったけど、「唯一人」が一番パワーがありましたね。

爆弾ジョニー・りょーめーとロマンチック☆安田(左)。

爆弾ジョニー・りょーめーとロマンチック☆安田(左)。

りょーめー 「唯一人」は僕らが高校生の頃につくった曲で、湯浅さんのファンとして『ピンポン』のアニメに合うんじゃないかと思って候補に入れたんです。それ以外は『ピンポン THE ANIMATION』のためにつくったものだったんですけど。

湯浅 よかった。ピッタリだったよね。

──爆弾ジョニーの楽曲と湯浅監督のアニメーション、両者に共通する部分があるとしたらどこでしょう?

りょーめー “揺れ”じゃないですか。ギターのエフェクターで言ったら空間系って呼ばれるコーラスとかトレモロとかディレイとか、そういうの、モジュレーション(変調)って言うのかな?

安田 うん。

りょーめー 湯浅さんのアニメーションはそれを感じます。俺らは「唯一人」で広く知られたから、ディストーションをたくさん効かせて歪ませた音が特徴と思われがちだけど、“揺れ”っていうのを僕は大事にしてて。僕たちもそういう匂いを出せてたらいいなと思います。

湯浅 「唯一人」にも“揺れ”を描いてる歌詞がありましたよね。エネルギーはあるんだけどどうしていいかわからないとか、自分と他人を比べて違うところが気になるとか。そういう部分を素直に出していて、でも力強く、やってやるぞというアナーキーな香りがあって。そこがすごくよかったです。

爆弾ジョニー「唯一人」

爆弾ジョニー「唯一人」

「新気流に乗って」演出の真意

──このたび、爆弾ジョニーは新曲「新気流」を発表。本作が使われている映像作品『新気流に乗って』では、りょーめーさんが主演を務めています。新しい世界へ旅立つ人を見送る側という視点で書かれた爽やかなナンバーですが、この曲はどのようにできたんですか?

【CD化決定】「新気流に乗って」駅すぱあと × 爆弾ジョニー

安田 曲はキョウスケが中心になってつくりました。「新気流」って言葉は、『新気流に乗って』の監督・脚本の中村(佳代)さんから出たんですけど、いい言葉だなと思って。そこからふくらませて「新気流に乗っていくんだね」って、先に行かれてしまう側の気持ちを書くことにしたんです。

左から湯浅政明監督、爆弾ジョニーのキョウスケ、タイチ。

左から湯浅政明監督、爆弾ジョニーのキョウスケ、タイチ。

りょーめー ダジャレだよね。

安田 映像は、群馬の新桐生(しんきりゅう)駅で撮ったんです。それをもじって。

りょーめー 「新気流」って単語は実は世の中にないんだよね。

湯浅 (映像を見ながら)車窓を外から横にパンしていくシーンは気持ちのいいカットですね。手前にある車体の映像と、奥の座席の映像は後で合わせたのかな。

小堀 そうですね。セットじゃなくて運行中の電車を使って撮りました。

──りょーめーさん演じる主人公が電車で旅立とうとする直前、後輩の女の子が駅のホームにやって来て「センパイ、これ」とだけ言ってパンツを手渡します。あの女子は何を伝えに来たんだと思いますか?

りょーめー パンツ渡しに来たんじゃないですか?

小堀 見た通り(笑)。

タイチ 俺は止める目的で来たと思うんですよ。だけど直前になって「やっぱいいです。がんばってください」的な気持ちが芽生えたっていうか。

りょーめー でもパンツは準備してたんだもんね?

湯浅 あれ履いてたやつなんですかね。

一同 あははは(笑)。

湯浅 必死になって行って、でも渡すものがなくて「これが一番いい」ってなる、その勢いならわかりますね(笑)。

対談は和やかなムードで行われた。最右は爆弾ジョニー・小堀くん。

対談は和やかなムードで行われた。最右は爆弾ジョニー・小堀くん。

安田 この表情を見るに「遠くに行っちゃうのがさみしい」とか「実は好きでした」とかじゃなくて、「なんで私を置いてくの」みたいな気持ちだと思うんですよね。「アンタ行っちゃうんだ」っていう、強気な上から目線混じりの。なんだかそういう女の子な感じがします。

キョウスケ パンツはマーキング的なことなんじゃね? 忘れないでね、ていうか忘れんな!っていう。

安田 こういうふうに自由に想像してほしいって意図で、きっとあの演出にしたんじゃないかなって僕は思います。

湯浅政明&爆弾ジョニーの“上京物語”

湯浅 みんなは上京するとき、何かもらいましたか?

りょーめー まったく何もなく、あっさり上京した記憶があります。その前からよくライブしに東京に来てて、ウィークリーマンションに泊まったりしてたんで、ただ東京で家をゲットしたっていう感覚で。ザッツ上京!みたいな、大それた気持ちはなかったですね。

──湯浅監督が地元の福岡から上京されたときはどうでしたか。

湯浅 22歳のときなので30年ぐらい前だけど、同じようにあっさり来た記憶がありますね。もっと盛り上がるものかなと思いきや。

──当時、アニメーションを勉強したり就職したりするのは、東京じゃないと難しかった?

湯浅 そうですね。まだ学校もあんまりなかったし、特殊な技能が必要だと聞いてたので。ビデオカメラもパソコンも持ってないから自力ではつくれないし。とにかく現場に入ってその仕事ができるかどうか見極めないといけないっていう状況でした。

その後、爆弾ジョニーくらいの歳の頃は……暗中模索という感じで。仕事を始めていたけど、ハードだし、この先これで食っていけるのかどうかはしばらくわからなかった。やっていけるのかなと思ったのは上京して5年ぐらい経ってからでしたね。

上京した頃のことを語る湯浅政明監督 りょーめー ハードってどんな感じだったんですか?

湯浅 毎日13時間ぐらいほとんど座りっぱなしでこんこんと描いててね。今はそんなに働かなくてもできる環境もありますけど、当時の僕はほぼ休みもなく、月5万円くらいにしかならない、みたいな。手は痛いし、目は疲れるし、眠たいし。それでいいものが描けてればいいけど……。

普通の会社に就職した友達のほうが楽しそうに見えて、これでいいのかな、向いてないんじゃないかなということを最初はずっと思ってましたね。

キョウスケ ああー。俺らの同級生も今、社会人2年目で、楽しそうだなあって思うときはあります。

湯浅 でも、爆弾ジョニーの上京時はそういう不安な気持ちはなかったってことだよね? もう地元でやってたから、こっちに来ても同じ感じで?

タイチ そうですね。地元の札幌でライブをやり尽くした感があって。だったら次は東京行ってみましょうか、ちょうどハタチになるタイミングだしっていう。

安田 あんまり「ダメかも」とか考えてなかったです。

りょーめー 僕らはノリと勢いでしたね。後先考えない勢いっていうのは大事なのかもなあ。

1
2
『新気流に乗って』特設サイトはこちら!

プロダクト

アルバム『BAKUDANIUS』

値段:¥1,667+税
KSCL-2933 ~ KSCL-2934
活動再開以来、初のスタジオ盤EP!

1. EVe
2. ケンキョニオラツケ!
3. Shall be a youth
4. A.I.R
5. 新気流(CMバージョン)※Bonus Track
昨年、待望の活動再開を果たした爆弾ジョニー。活動再開一枚目のリリースは“新曲ばかりの”ライブ盤だった彼らの、スタジオ盤が登場!既にライブではお馴染の楽曲や、メンバー出演のWeb CMで話題の楽曲などを収録したEP。

【期間限定通常盤】
■仕様 : ないしょ
※期間:~ 2017/9/30

プロフィール

爆弾ジョニー

爆弾ジョニー

ロックバンド

2010年、vo.りょーめー、gt.キョウスケ、key.ロマンチック☆安田、Ba.小堀ファイアー、dr.タイチサンダーの5人が札幌にて巡り会い、2011年7月にインディ・デビュー。2013年12月には、キューン・ミュージックからのメジャーデビューを発表し、現在3つのシングルと2つのアルバムをリリース!(Now On Sale☆) その夏、RISING SUN ROCK FESTIVALの一番大きいステージに出演するなど全国各地のフェスをアゲ⤴︎ていくのだが、11月より、りょーめーの体調不良を理由に活動を休止(風が止んだ)。しかし1年半後の2016年4月、活動再開を発表し、6月30日に渋谷クラブ・クアトロにて活動再開ライブ「BAKUDANIUS」を行った。秋からは全国9ヶ所にて活動再開ライブツアー「ROAD to BAKUDANIUS 2016」を実施し熱狂のステージパフォーマンスを魅せた。その公演を収録した、ほとんどが新曲という、異例のライブアルバムを2017年2月22日にリリース!不定期ネットラジオ「ジョニーさんといっしょ」をLINE LIVE他で配信中!現在、また世界を爆弾色に染めるためにいろいろ模索中。爆弾ジョニーが目指すものは、“ロックで世界平和”である!!

湯浅政明

湯浅政明

アニメ監督

1965年3月16日生まれ、福岡県出身。日本のアニメーション監督、脚本家、デザイナー、アニメーター。サイエンスSARU代表取締役。
九州産業大学芸術学部美術学科を卒業後、亜細亜堂(アニメ制作会社)へ参加。テレビアニメ『ちびまる子ちゃん』では、本編原画に加え、初代オープニング「ゆめいっぱい」、初代エンディング「おどるポンポコリン」の作画を担当する。フリーになった後、『劇場版クレヨンしんちゃんシリーズ』は第一作目から設定デザイン・原画などを担当し、近年に至るまで関わり続けている。また映画初監督作品『マインド・ゲーム』(04年)では脚本も担当、文化庁メディア芸術祭アニメーション部門大賞ほか数々の賞を総なめに。続くテレビシリーズ初監督となったオリジナル作品「ケモノヅメ」(06年)や、のちの森見登美彦原作の監督作品「四畳半神話大系」(10年)でも多くの賞を受賞。2014年には米国の人気テレビシリーズ「アドベンチャー・タイム」にて監督・脚本・絵コンテを手がけたエピソード「Food Chain」が、アニメーション界のアカデミー賞とされる米国アニー賞で、監督賞(TV 部門)にノミネートされるという快挙を遂げた。
現在、劇場版「夜明け告げるルーのうた」「夜は短し歩けよ乙女」が公開中。来春Netflixにて「DEVILMAN Crybaby」配信開始。

この記事をツイート 188

KAI-YOUをフォローして
最新情報をチェック!

この記事へのコメント(0)

SNSにも投稿する

twitter_flag facebook_flag

POP UP!をもっと見る

コメントを削除します。
よろしいですか?

ページトップへ