317

「抱枕奇祭2015」実録レポート 抱き枕が御神体となった瞬間…!

「抱枕奇祭2015」の様子

「ヲタ系ライブにおけるサイリウム振り回しが危険」問題を経て、「それなら大きくて柔らかい物を振り回せばいいんじゃね?」という発想で誕生したライブイベント「抱枕奇祭」。

その興行4回目となる「抱枕奇祭2015」が、ライブハウス・新宿Antiknockにて12月6日に開催されました。ちなみに、第1回抱き枕ライブの開催場所でもあるAntiknockのオープン30周年を祝う意味でも会場に選ばれたのだそう。

出演は、主催者であるbambooさん率いるロックバンド・milktubのほか、「生贄」という名のゲストとして迎え入れた結成30周年を迎えたパンクバンド・ニューロティカ

エロゲプロデューサーとしても知られ、milktubではアニメやゲームなどに楽曲提供しているbambooさんによるこの奇妙なお祭り。

高速BPMのパンクナンバーに呼応するかのように、参加者たちが抱き枕を振り回し、モッシュし、ダイブする(※抱き枕のみ)……そんな異常な光景が繰り広げられる奇祭に潜入してきました!

文・撮影:松本塩梅

抱枕奇祭が生んだ嫁シェイク! 嫁サイクロン! 嫁ウェーーーブ!

「抱枕奇祭2015」開催直前、前売り状況をうかがったところ、「嫁or婿(両バンドメンバーの絵柄がプリントされた抱き枕の意)付き」11000円のチケットが70枚、通常の参加チケットも50枚売れているとのこと。開催前の会場には通常のライブイベントでは見られないであろう空気入れが置かれ、参加者たちはいそいそと抱き枕をふくらませていました。

「抱枕奇祭」ならではの空気入れなお、常連参加者のツイートによれば、抱き枕のカバーデザインは今回が最も尖っていた模様です。

「抱枕奇祭2015」の抱き枕カバーデザインライブ前にbambooさんが挨拶を述べ、ニューロティカをゲストではなく「生贄」と呼ぶのは、この状況で彼らを笑わせてやろうという思いがあったからだそう。「パンクなイベント……これ、パンクなのか?いやパンクだな!バンバン振り回してください!」と観客を煽ります。

抱き枕を上下に振る「嫁シェイク」、盛り上げてその場で回転させる「嫁サイクロン」、ステージ前方から後方まで順繰りに掲げて下ろす「嫁ウェーブ」と独特のモーション練習も行われ、臨戦態勢が整ったところで、ニューロティカが登場!

嫁が激しく動きすぎて空調のカバーが外れた件

ニューロティカニューロティカは新曲『五十の夜』をはじめ、『お前のROCK'N'ROLL』『絶体絶命のピンチに尻尾を高く上げろ!』『Drinkin’ Boys』など11曲を熱唱。

抱き枕が振り回され、しかもカバーには自分がプリントされているという状況に、ボーカルのイノウエアツシさんは「せっかくカッコつけてんのに、自分の抱き枕がこっちを見てきて、目をそらすとbambooがいるんだよ!」と嘆き、会場からは笑いが。後に、bambooさんもMCで「あっちゃん(※イノウエアツシの愛称)があんなに笑顔で歌っているの初めて見た」とコメントしていました。

ニューロティカの抱き枕ライブの盛り上がりを象徴するかのようなエピソードとなったのは、演奏中に抱き枕たちが激しくぶち当たったせいか、開始早々に会場前方の頭上にある空調設備のカバーが外れてしまったこと!

抱き枕の衝撃で外れてしまった空調設備のカバーみんなで抱き枕で抑えよう!抱き枕でカバーを抑えつつ、「あっちゃん」コールが沸き起こる中で、なぜかイノウエアツシさんがガムテープで空調に応急処置を施す事態に、「31年バンドやってるけど、ライブ中にガムテープ持ってきて直すなんて初めて」。しかし、この一件で会場の連帯感はより高まったように感じました。

イノウエアツシさんが抱き枕のせいで壊れた空調をライブ中に修理演奏と観客が熱くなるにつれ、抱き枕ごと入り乱れる「嫁モッシュ」や、両手で激しく叩いて震わせる「嫁ドラム」、誰かの抱き枕が頭上を飛び交いまくる「嫁ダイブ」と新技も連発!

「抱枕奇祭2015」およそ1時間にわたるニューロティカの演奏を終えた後の休憩時間では、「これ誰のですかー?」とダイブで入り乱れた抱き枕をマッチングさせる嫁探しタイムや、空気の補充など、やはりここでしか見られない光景が広がっていました。

1
2

こんな記事も読まれています

Recommended by

関連キーフレーズ

「御神体」を編集する

キーフレーズの編集には新規登録またはログインが必要です。

この記事をツイート 152

KAI-YOUをフォローして
最新情報をチェック!

この記事へのコメント(0)

SNSにも投稿する

twitter_flag facebook_flag

コメントを削除します。
よろしいですか?