平成展

「平成」という時間は、文明や人類史の中では一瞬の出来事だ。

だが改めて振り返ろうとすると、その30年には人間が認知するにはあまりに膨大な、様々な出来事や事件が広がっている。

それは覚悟のある生き様だったり、切実な感情だったり、もしくは冷静に社会や他者を投影させたものだったりする。

その膨大な中から語り続けられたものだけが
物語や歴史となって参照され、
後世へと繋がっていく。

「平成展」でみせるのは、平成と呼ばれた30年、特殊な島国の中だけで流れた、30年という時間に発生した物語だ。

平成30年の中間は、
20世紀/21世紀の終わりとはじまり

第二回となる「平成展」は、2000年-2009年の10年間を振り返る展示になる。

平成の30年の中でちょうど中間に当たるこの10年は、多くの識者たちや文化/社会評論において「00(ゼロ)年代」と呼ばれ、平成だけでなく20世紀/21世紀という大きな時代の区切りでもあり、21世紀への橋渡しとなった年代だとも言える。

情報技術が飛躍的に向上し、世の中のほとんどの人が携帯電話/スマートフォンを手に持って自由にネットに繋がるようになった。個々人の趣味嗜好がより細分化していき、政治や宗教、マスメディアといった「大きな物語」が後退し、人々は「自分たち」というコミュニティがつくる「小さな物語」を生きるのが当たり前になった。

すべては複雑だが、フラットになっていく。

社会全体が小さな村のようなコミュニティを乱立していく中で、逆にこれまで「オタク」的だったもの、あるいは「不良」的だったものも相対的に普遍化し、かつてサブカルチャーと呼ばれた分野が「ポップカルチャー」として広がっていく。

それは国策としても「クールジャパン」と名付けられ、後押しされ、時には奇異の対象とすら見られていたような漫画やアニメやゲームが「かっこいいもの」「当たり前のもの」として広がっていくきっかけとなった。

そんな状況になるなんて、ほんの十数年前までは考えられなかったことだ。

平成という限られた時間がもしも、1000年後にも参照されるとしたら、それはポップカルチャーの歴史としてだ。

今回は、そんな時代に生まれた膨大な「小さな物語」の数々を、4つの軸から点と線によって結ぶ。

コミュニティとは、それぞれ個別に点在しているように見えて、様々な歴史やコンテキストの上で成り立っている。その連なりをビジュアライズし、新文化勃興の10年を改めて再評価していく。

INFORMATION

平成展2000-2009
時期
2018年12月17日から2019年1月31日10:00〜22:00

(不定休・展示は不定期更新)

場所
六本木ヒルズ森タワー52階 THE SUN&THE MOON
料金
六本木ヒルズ展望台 東京シティビューのチケットで入場できます

一般1,800円
学生(高校・大学生)1,200円
子供(4歳〜中学生)600円
シニア(65歳以上)1,500円

企画
KAI-YOU & 東京シティビュー
協力
牛嶋みさを、つむら工芸、bpm

企画

KAI-YOU

KAI-YOU inc.

株式会社カイユウは「すべてのメディアをコミュニケーション+コンテンツの場」に編集、構築することを目的とした企業です。

ジャンルを問わずに様々なメディアやプロダクトのプロデュースを行っています。

「東京カルチャーリサーチ」は、絶え間なく変化する東京のカルチャーシーンを発見・研究し、その紹介をする場所です。東京が生み出すカルチャーの中でも、特にマンガ、ゲーム、アニメ、メディアアート等を深く掘り下げ、「東京シティビュー」としての独自リサーチとセレクションに基づき「東京の文化的特異点」を感じる作品を不定期で展示していきます。

展望台から見える東京の都市は、日々少しずつ変化しています。その変化は人の歴史そのものです。六本木ヒルズ展望台 東京シティビューでは、この東京という都市の内部で毎日生み出され消費されていく「何か」を「東京カルチャー」としてすくい取り、不定期の小展示という形で今後紹介していきます。

TALK SESSION

Coming soon.

「平成展」をシェアする