78

最新ニュースを受け取る

ストリッパーからラッパーへ Cardi Bは生き様で勝負する

画像は公式Instagramより

どうも、ラッパーのRAq(@raq_reezy)です!

4月6日にリリースされた、Cardi Bのデビューアルバム『Invasion of Privacy』。皆さんはもう聴かれたでしょうか。
Invasion of Privacy/画像はAmazonより

Invasion of Privacy/画像はAmazonより

本作がリリースされたタイミングでKendrick Lamarらを擁するレーベル「TDE」のオーナーであるPunchが「Cardi Bは2Pacだ」とツイートしたことも話題となりました。

彼の説明は、ざっくりと言ってしまえば、個別の曲におけるスキルやテクニックよりも、生身の生き様で勝負するラッパーとして、Cardi Bと2Pacを並べたものでした。

2Pacは、彼の象徴的な対抗馬であったJAY-ZやNas、Notorious B.I.G.といったラッパーたちほどのテクニカルなスキルは持っていなかった。

だけど、彼は多くの人間から、歴代で最も偉大なラッパーだと見られている。それは何故か?答えは、情熱とコンテンツ、その届け方、そして正直さのコンビネーションだ。

そこでCardi Bに繋がる。 Cardi B Is 2Pac(外部リンク)より

実際のところ、Cardi Bの魅力は音楽性だけに留まるものではありません。

ミレニアルズ(アメリカでのさとり世代)のアメリカン・ドリーム」とメディアで取り上げられるような彼女のユニークな成り上がりストーリー、独特なアクセントでの喋り、騒がしいけどれ明るく愛嬌のあるキャラクター。

さらには現実主義的で表裏のない言動、成功への執着心といったものが、彼女のカリスマ性を生み出しているのです。

文:RAq 編集:ふじきりょうすけ

学費を払うためにストリッパーへ

まず始めに「元ストリッパー」というのが、Cardi Bの個性のひとつです。

多くの男性ラッパーがハスラー(ドラッグの売人)であった過去を語るように、Cardi Bはストリッパーであった過去を語ります。

I don’t dance now, I make money moves
Say I don’t gotta dance, I make money move

私はもう踊ってないわ、お金を動かしてるの
もう踊る必要がないのよ、お金を動かすんだから Cardi B - “Bodak Yellow”

Now give me all that money you be spending on your chick
Now give me all that money you be spending on your kid
Now give me all that money you been stacking for your rent nigga
I'm just into making money I ain't into making love
When you hear that stripper hoe I'm the one you thinking of

さあ、彼女のために使おうと思ってたお金を全部よこしなさい
さあ、子どものために使おうと思ってたお金を全部よこしなさい
さあ、家賃を払うために貯めてきたお金を全部よこしなさい
私はお金を稼ぐだけ、セックスはしない
「あのストリッパー」って言われたら、みんなが私のことを思い浮かべるわ Cardi B - “Wash Poppin”

彼女はもともとスーパーマーケットで働いていましたが、貧困を抜け出して、家庭内暴力を加えていたという彼氏の元から自立。

そして大学に戻るため、18歳からストリッパーとして働き始めます(25歳までと期限を決めていましたが、実際には23歳で辞めています)。

彼女はストリッパーであった過去を隠そうとしません。

それは誇りを持ってやっていた仕事であり、他人に勧めはしないものの、ストリップのお陰でお金を手にして過酷な状況から抜け出せたという事実があるからです。

だから、彼女にはストリッパーへの尊敬を勝ち取りたいという気持ちがあります。

そのため、アルバムを待ち望んでいたリスナーにとっては、このアルバムのクライマックスは、実は1曲目「Get Up 10」の1行目にあるかもしれません。

Look, they gave a bitch two options: strippin' or lose
Used to dance in a club right across from my school

聞いて、世界はこのビッチに2つの選択肢を与えたの。脱ぐか負けるか。
昔は、学校の向かいにあるストリップクラブで踊ってたわ。 Cardi B - “Get Up 10”

アルバムの世界観をつくるためのイントロなども設けずに、いきなりこのラインを歌い始めるところがCardi Bのキャラクターをより強く表しています。

Instagramでの「本音語り」でインターネットの有名人に

Cardi Bが世間の注目を浴びたきっかけは、彼女がInstagramを本格的に始めた2014年でした。

House of LANCASTER

Cardi B Official IGさん(@iamcardib)がシェアした投稿 -

彼女は、Instagramで本音を語る動画などををアップすることで、大きなファンコミュニティを築き始めます。

I started speakin' my mind and tripled my views
Real bitch, only thing fake is the boobs

私が本音を話し始めたら、視聴数が3倍になった
リアルなビッチよ、偽物はおっぱいだけ Cardi B - “Get Up 10”

リリックからも何でも話してしまうCardi Bらしさが感じられるのではないかと思うのですが──彼女はストリッパーをしていた過去だけでなく、豊胸手術をしたことまで大っぴらに話します。

それについては、ストリッパーをする上で「胸が大きくないと稼げないのでは」と感じるようになったからだと語っています。そっちの方が稼げるとわかれば整形もしてしまうというこのエピソードからも、全力で成功を目指す彼女のハングリーさが感じ取れます。

Instagramに登場した、本音で語り、ときにはフォロワーにアドバイスも送るストリッパー。

一体彼女は何者なんだ? ということで世間の注目を浴びていったのです。

その様子は、Chance The Rapperを客演に招いた「Best Life」という曲で語られています。

I said I never had a problem showin' y'all the real me
Hair when it's fucked up, crib when it's filthy
Way-before-the-deal me, strip-to-pay-the-bills me
'Fore I fixed my teeth, man, those comments used to kill me
But never did I change, never been ashamed
Never did I switch, story stayed the same

言ったでしょ、本当の自分をみんなに見せるのに躊躇なんて無いって
ボサボサの髪の毛も、汚い部屋も
レーベル契約を取るよりずっと前の自分も
生活費を稼ぐためにストリップをしていた自分も
歯を矯正する前は、心無いコメントに傷ついたわ
だけど、私は何も変えなかったし、自分が恥ずかしいとも思わなかった
私は方針を変えなかったし、同じ物語を進めたのよ Cardi B - “Best Life” feat. Chance the Rapper

そして彼女はテレビのリアリティショーである「LOVE & HIPHOP: NewYork」のシーズン6に参加することとなります。

「LOVE & HIPHOP」での破天荒な活躍

「LOVE & HIPHOP」は、ヒップホップ業界で働く女性に注目したリアリティショーです。

通常、春から夏にかけてアトランタ編が、秋にハリウッド編が、そして冬にニューヨーク編が放送されますが、Cardi Bが参加したのはニューヨーク編のシーズン6からでした。
Cardi B Supercut (PART 1): Best Moments
Cardi Bは、ヒップホップでの成功を目指す元ストリッパーとして登場します。

ですが番組内では、とにかく口が悪かったり、ほかの女性に飛びかかったり、スタジオでのキャスト再集合企画で男を巡って争った相手に靴を投げつけたりと大活躍(?)。視聴者の記憶に深く印象を残します。

また、「LOVE & HIPHOP」で飛び出した名セリフ(たとえば、”If a bitch beef with me we gon beef foreva”)は、その後の曲にも活用されています。

Ran down on that bitch twice
Ran down on that bitch twice
You know me I be with whatever
If a bitch beef with me we gon beef foreva

あのビッチに2回飛びかかってやったわ
あのビッチに2回飛びかかってやったわ
私のことは知ってるでしょ
私とビーフする気なら、そのビーフは永遠に続くわよ Cardi B - “Foreva”

本音で語り、愛されるトラブルメーカーとして人気を獲得してきたCardi Bは、音楽活動に専念するために「LOVE & HIPHOP」を後にします。

その後、ミックステープ2本を挟んでリリースされたシングル曲の「Bodak Yellow」が女性ラッパーのソロ曲として19年ぶりにビルボード「Hot 100」の1位を獲得。
Cardi B - Bodak Yellow
こうして成功を掴んだ後に、満を持してリリースされたアルバムが、今回の『Invasion of Privacy』(意訳:プライバシーの侵害)なのです。

といっても、Instagramで全てを見せてきた彼女にプライバシーは存在しないように思えるのですが。

1
2

こんな記事も読まれています

関連キーフレーズ

「Cardi B」を編集する

キーフレーズの編集には新規登録またはログインが必要です。

この記事をツイート 60

KAI-YOUをフォローして
最新情報をチェック!

この記事へのコメント(0)

SNSにも投稿する

twitter_flag facebook_flag
+ コメントをもっと見る

コメントを削除します。
よろしいですか?

ページトップへ