572

『映像研』×chelmico MV監督 田向潤の「Easy Breezy」ではない制作の裏側

32台のカメラで撮影された「Easy Breezy」MV

──「Easy Breezy」のMVにつきまして、まずなんと言っても3DCGがふんだんに使用された映像に驚かされました。撮影はどのように行われ、制作はどのように進んでいったのですか?

田向 部屋は誰もいない状態をワンカットで撮影をしています。chelmicoの2人は4D Viewsという撮影方法で撮影しているんですが、これは動く対象を3Dスキャンできるもので、撮影後は映像ではなく3Dデータとして2人のモデルが出力されます。

あとは、撮影した部屋の映像のなかにchelmicoの3D化されたモデルやグラフィカルなモチーフなどを配置して、映像として出力しました。最後にはAfter Effectsでコンポジットしています。

──使用されている映像技術について簡単にご説明いただけますか。3DCGが使用されていることなどは分かりますが、素人目には具体的にどういった技術が使われているのか分からず。

田向 前述のようにchelmico2人の撮影には4D Viewsという技術を使っています。32台のカメラであらゆる方向から彼女たちを撮影し、3Dスキャンしながら同時に質感(テクスチャ)も取得しました。

この撮影後は3Dデータになるので、3DCGソフト内で自在に位置や大きさなどを変えられるし、数も増やせます。

要望は「とにかく“カオス”で“疾走感”のあるMV」

──MVの着想はどのように得られたのでしょうか。「とにかく“カオスで疾走感”のあるMVをつくりたい」というメンバーの意向を組んだとのことですが。

田向 最初は本人達の希望もあり、グリーンバックで撮影した2人をカオスな感じに合成していくようなイメージでした。しかしそれではありがちなものになってしまいそうだったので、どうせなら3Dで空間的なカオスをつくっていければと思い、4D Viewsを使うことを思いつきました。

全てをCGにするのではなく、実写の背景に合成することで、見慣れた空間にいい意味での違和感が出れば面白いと思いまして。

──「映像研が空想の世界にシームレスに切り替わるという部分に注目して、MVでもシームレスな映像に仕上げた」とおっしゃられていました。確かに明確にカットが切り替わるシーンがありません。絵コンテはあったんですか?

田向 大まかな構成は決めていましたが、絵コンテはありませんでした。本人達が自由に楽しそうにパフォーマンスすることが重要だと思っていたので、撮影した4D Viewsの2人の動きからインスピレーションを得ながらつくっていきました。

──1人で制作されたとのことですが、制作に要した時間はどのくらいなのでしょうか?

田向 もちろん撮影にはプロデューサー、プロダクションマネージャー、カメラマン、照明など様々なスタッフが関わっています。

撮影後のコンポジット、カラーグレーディングなどは僕が1人で担当しました。作業期間はちょうど1ヶ月くらいです。

MVに仕掛けられたオマージュの数々

──過去のインタビューでは、「アーティスト、曲ごとのトーンを踏襲しつつ、ちょっと崩すように意識している」とおっしゃられていました。本MVにおいて、田向さんが一番工夫されたこと、また、「ちょっと崩した」ポイントはありますか?

田向 かっこよく可愛いchelmicoの二人をねじったり、太らせたりしています。

こういう企画だとなるべくCGであることがばれないようにすることが多いと思うんですが、あえてCGでしかあり得ない動きをさせたり、少しスキャンが甘いところも見せてしまったりしています

──そう言われると確かに、「見せてしまう」という点に崩したポイントを感じました。本MVではchelmicoの2人、『映像研には手を出すな!』(大童澄瞳さん)、湯浅監督の過去作品などにまつわる様々な「裏設定」が散りばめられていますが、一番こだわった箇所はどこでしょうか? 田向 サビで宇宙へ行ったり、マンタに乗ったりするのは『映像研』の空想シーンのオマージュになっていて、特にこだわったシーンです。「溢れる想像力」がひとつのテーマになっています。

──コメント欄では海外からのコメントも見受けられます。視聴者のリアクションについてどのように捉えていますか?

田向 『映像研』のアニメの影響が大きいと思いますが、海外の方に見てもらえるのは嬉しいですね。

これをつくるのは全然Easy Breezyではない」みたいなコメントは面白いなと思いました(笑)。

chelmico「Easy Breezy」MV / STAFF CREDIT
Director: Jun Tamukai (CONNECTION)
Producer: Mao Suzuki (P.I.C.S.)
Cinematographer: Masatoshi Toyono (SPICE)
Lightning: Tomoyuki Ikeda
Stylist: Mie Minagawa
Hair & Make-up: Nozomi Kawamura
4D Views Unit: Tadayuki Suzuki (CRESCENT)
: Takayuki Ochiai (CRESCENT)
: Fumiaki Kudo (CRESCENT)
Production Manager: Masakuni Tsujimoto (P.I.C.S.)

今一番耳目を集める作品『映像研』

1
2

こんな記事も読まれています

リリース情報

Easy Breezy

リリース日 2020年1月17日(金)
レーベル WARNER MUSIC JAPAN
トラックリスト Easy Breezy

関連キーフレーズ

325
Share
14
LINE

KAI-YOU.netでは、ユーザーと共に新しいカルチャーを盛り上げるため、会員登録をしていただいた皆さまに、ポップなサービスを数多く提供しています。

会員登録する > KAI-YOU.netに登録すると何ができるの?

コメントを削除します。
よろしいですか?

PICK UP ITEM

編集部おすすめのアイテム

ページトップへ