1278

最新ニュースを受け取る

ハハノシキュウが観た「戦極MCバトル15章」の群像劇 ブームの先にいた本当の敵

MOL53 vs GADORO の決勝戦

表を学べ  裏を知れ  全体を見ろ
善を学べ  悪を知れ  行動を見ろ
先人に学べ 成功を知れ 過程を見ろ
失敗に学べ 過ちを知れ 馬鹿を見ろ 44戒/Shing02(2002)

戦極MCBATTLE」は、ほかのMCバトルイベントとは毛色が異なる。その最大の違いは、主人公の数だと思う。

2015年、ライムベリーのMC MIRIが女性アイドルとしてはじめてMCバトルデビューを飾った時、僕はこのような書き出しからその日のことを綴った。

MC BATTLEイベントの一夜を書き上げるとしたら主人公は誰でもいい

2016年11月6日に行われた「戦極MC BATTLE 15章」には65人のMCが参加した。
※64じゃないの?って思った方もいると思うがその辺は割愛させていただきたい

つまり65通りのバトルレポートを書くことができる。さらに誰目線でそれを語るかという一点を追加すると一気にレポートの種類が増える。

65×65通り?そんなもんじゃない。

お客さんやオーガナイザー、DJやスタッフ、在宅でSNSに噛り付いていたバトルファン、数えたらキリがない目線で、レポートは書き上げられる。

僕は計算が苦手なので、全部で何通りのドラマを書き上げられるのか検討もつかない。

だが、そんな計算に意味はない。それは、「戦極MCBATTLE15章」が群像劇 だからだ。

文:ハハノシキュウ 写真:ななみん 編集:ふじきりょうすけ

優勝するために出場した「UMB」

「戦極」との対比のために少しだけ「UMB」(ULTIMATE MC BATTLE)の話をさせてもらう。

「UMB」は優勝候補である主人公と、それを阻止する者、つまりライバルの存在がどの大会よりも明確なのが特徴である。
ハハノシキュウ

ハハノシキュウ

僕は今年、らしくもなく「UMB東京予選」に自分の意思でエントリーした。それが10月の話だ。

「UMB東京予選」は紛れもなく僕の青春である。そんな東京予選で、僕ははじめて「優勝しないといけない」という自責の念に駆られ、DOTAMAさんに電話をかけた。

どうしたら優勝できますか?」この一言だけでDOTAMAさんには全部伝わったと思う。こんな答えが返ってきた。

「『UMB』は、スキルとか試合の出来とかじゃないんだよね、いかに自分がこの物語の主人公だって思い込むかが全てだと思う。

その点、ハハノシキュウは自分をヒールだと思い込んじゃってるから絶対に優勝できない。逆に、自分が主人公だってお客さんに強く印象付ければ絶対に優勝できる!」

この「UMB東京予選」における主人公は誰なのか、エントリー表を見ながら考えた。メンツから考えるに、それはどう考えても黄猿君だった。

黄猿君は2008年の埼玉準予選から8年ものあいだ、周りのラッパーがいくら辞めていっても毎年出場し続けた。そんな彼に順番が回ってきたかのようなエントリー表だった。
黄猿

黄猿

予選当日、黄猿君は予想通りというか、1回戦からしきりに「東京、俺に背負わせろ!」というラインを多用していた。

そんな彼から主人公の座を奪う手段を1週間考えた結果、こんな結論に達した。

DOTAMAの後釜はハハノシキュウ以外に有り得ない
DOTAMA×ハハノシキュウ『十三月』

『十三月』/DOTAMA×ハハノシキュウと連名でアルバムもリリースしている

DOTAMAは去年の東京代表であり、その前にも2度、東京予選で優勝している。DOTAMAが「UMB」に出場しないなら、僕にやらせろ。それしかなかった。

結果を言うと、僕は準決勝で黄猿君に敗退した。

彼の「東京を背負わせろ」が、明らかに色濃くフロアーに残っていた。そして、黄猿君は決勝でカクニケンスケを下し、はじめて東京代表という冠を手に入れていた。
1
2
3
4

こんな記事も読まれています

関連キーフレーズ

「戦極」を編集する

キーフレーズの編集には新規登録またはログインが必要です。

この記事をツイート 1206

KAI-YOU.netでは、ユーザーと共に新しいカルチャーを盛り上げるため、会員登録をしていただいた皆さまに、ポップなサービスを数多く提供しています。

会員登録する > KAI-YOU.netに登録すると何ができるの?

この記事へのコメント(3)

SNSにも投稿する

twitter_flag facebook_flag
匿名のユーザー

匿名のユーザー

ハハシ文章上手い

匿名のユーザー

匿名のユーザー

ここのコラム見つけてからハハノシキュウ大好きなんだがw

tyanyone

米村 智水 認証済みアカウント

めっちゃ面白いし小説書いて欲しい

コメントを削除します。
よろしいですか?

ページトップへ