Jinmenusagi

じんめんうさぎ

Jinmenusagi(読み方:じんめんうさぎ)とは、1991年11月4日生まれ・東京都千代田区出身のラッパー。ファンから呼ばれる愛称はジメサギ、うさぎくん。


LOW HIGH WHO? PRODUCTIONに所属していたが独立し、インディペンデント業放つ(読み方:いんでぃぺんでんと ごうはなつ)を設立。Ghost Cheek(読み方:ごーすとちーく)という名義でビートメイカーとしても活動しており、トラックの制作・提供も行う。


独特のファッションについても人気があり、TwitterやInstagramを欠かさずチェックしているファンも多い。

Jinmenusagiとは

Jinmenusagi(読み方:じんめんうさぎ)とは、1991年11月4日生まれ・東京都千代田区出身のラッパー。ファンから呼ばれる愛称はジメサギ、うさぎくん。

GOMESS不可思議/wonderboyらも擁するLOW HIGH WHO? PRODUCTIONに所属していたが独立し、インディペンデント業放つ(読み方:いんでぃぺんでんと ごうはなつ)を設立。Ghost Cheek(読み方:ごーすとちーく)という名義でビートメイカーとしても活動しており、トラックの制作・提供も行う。

アーティスト名・レーベル名の由来

「Jinmenusagi」の由来

元々はニコ動でのハンドルネームだったということ。ただ、名前を付けた理由は覚えていないということ。名前のきっかけは覚えていないが「自然と自分の中からにじみ出てきたダシ汁みたいな感じかな?」という旨の発言をしている。

「インディペンデント業放つ」の由来

そんなに深い意味はないということだが、Jinmenusagiがよく言うワードである「業放つ」には「お悩みを解決する」という意味があるそう。「君が背負ってきたカルマも俺が祓ってやるよ、そんなもん!任せておけよ!」という意味がある。

影響を受けた漫画

影響を受けた漫画は『パタリロ』『BANANA FISH』『吉祥天女』『YASHA-夜叉-』や山岸凉子の漫画等。

なお、大島弓子の漫画については以下のように話している。

たとえば、大島弓子とかは猫を擬人化して書くんですよ。俺、だからそれを読んだのが小学生の頃とかで。なんかそういうのに並々ならぬ影響を受けているから。ジメサギは今日、気づいたんですけど。俺、トミヤマっていうんですけど。トミヤマにとってのジメサギはその、エミネムにとってのスリム・シェイディなんじゃないかな?みたいな。

Jinmenusagi 影響を受けた漫画と名前の由来を語る

大森靖子と不仲?

GOMESSのツイート。

ライブ中に大森靖子をディスる場面があったそう。その他の詳細は定かではないが、大森靖子からは以下のようなツイートも見受けられる。

Twitter・Instagram等のSNS

2016年9月現在、Twitterのフォロワー数は9,000人以上で、Instagramのフォロワー数は4,300人以上。

ラップのスキル・精度の高い楽曲のみならず、独特なファッションも人気。TwitterやInstagramを欠かさずチェックしているファンも少なくない。

着用が確認できるブランド(随時追加)

BLACK BRAIN clothing
LRG TOKYO(LRGサポートアーティスト)
WARP(原宿)
SUPRA TOKYO

2007年、ミクスチャーバンドにてラップを行う。次第にヒップホップカルチャーにのめり込んでいくなかでフリースタイルに傾倒していく。

次第に、ニコニコ動画YouTubeSoundCloudへ楽曲投稿を行うように。サウス、クラウドラップ、ローファイ、トリル・ウェイブ等のスタイルに影響を受けたダーティかつダウナーなラップとその成熟した作品性によって、突出した存在感とスキルを見せつけて多くのフォロワーを生む。また、その作品のリリーススピードもしばしば評価される。

『Self Ghost』

2012年、1stアルバム『Self Ghost』をリリース。

『"Gold On Deck"』『I MAY SICK e.p.』

さらに、立て続けにフリー音源『"Gold On Deck" Jinmenusagiバージョン』『I MAY SICK e.p.』をWeb上でリリース。

『ME2!』

2013年、1月に2ndアルバム『ME2!』をリリース。1stでは客演をLOW HIGH WHO? PRODUCTIONのレーベル内に限定していたが、レーベルメイトの力を借りつつもDOTAMATAKUMA THE GREAT等、レーベル外からも客演を募る。

『R2BA』

3月にはフリーミックステープ『R2BA』をリリース。

『胎内』『Self Ghost2』

11月には3rdアルバム『胎内』とCD-Rアルバム『Self Ghost2』を同時リリース。

『Each Piece』

2014年、6月にCD-Rアルバム『Each Piece』をリリース。

なおRHYMESTER・宇多丸のラジオ番組『タマフル』での「上半期の日本語ヒップホップ」を語り合う企画のなかでDJ YANATAKEが収録曲の『Give me that』を紹介。その際は宇多丸はJinmenusagiの存在を知らないようであったが、Jinmenusagiのコメントと共に楽曲がオンエアされて高評価を得た。

その他アーティストからの評価は高い。THA BLUE HERBもその一人。

『LXVE 業放草』

11月に4thアルバム『LXVE 業放草』をリリース。

『ジメサギ』

2015年、12月に自身が設立したレーベル・インディペンデント業放つより初の作品となる5thアルバム『ジメサギ』をリリース。MVが制作された『このままで feat. サトウユウヤ』は同アルバム収録。

参加している楽曲(随時更新)

ごめんね / Jinmenusagi × daoko × GOMESS

2015年1月にLOW HIGH WHO?より発売されたコンピレーションアルバム『D.I.Y. -MEMORIES AND WINTER-』に『ごめんね / Jinmenusagi × daoko × GOMESS × Paranel』が収録された。

ニルバーナ (feat. Jinmenusagi Pro. DJ6月)

「次元」を意味する「Dimension」。多角的センスを持った彼女の更に深みを増した楽曲が連なっている本作。

POPSの要素を前提に、淡いメロディラインを主軸に、無機質の中の感情を巧く表現した新しいDAOKOがここには在る。女子から女性へと変化した成熟と未完の彼女の集大成。この楽曲では、盟友Jinmenusagiをフィーチャリング。

LHW?での活動を終了する彼女のラストアルバムはとても美しく、儚くある。まるで蝶が飛び立つ瞬間のようだ。

ALI BA BA -MC TYSON(feat.Jinmenusagi)

Pro. by YOSHIKATSU IKEUCHI
Lyric by MC TYSON & Jinmenusagi

Dir. by Naoto Abe for NO COVER ART STUDIO

<MC TYSON Information>
Twitter : @MCTYSONOFFICIAL
Instagrm : @MCTYSONOFFICIAL
Facebook :
https://www.facebook.com/alaadin.tyson

©Checkmate Entertainment

Aahhhhhh!!!-itto(feat.Jinmenusagi)

Title : Aahhhhhh!!!
Artist : Itto, Jinmenusagi
Music:Dr.Pancho
Label : Mush Records

Music Video by Depth
出演協力: Keita

「Music Soul Journey / Itto」からの1曲。

Hanzo Reiza - JINMEN (feat Jinmenusagi)

The official music video of HANZO REIZA's song "JINMEN" feat. Jinmenusagi.

Shot in Shibuya, Tokyo, Japan.
Directed by Sonny B
Song Produced by KOB the YLM.
Scratches by DJ P-Kut
Mastered by Ongaku Records

The John's Guerrilla(feat.Jinmenusagi)

"DIGITAL HEROIN"からの1曲。LOW HIGH WHO?時代からの盟友。「KIDS WAR」でフィーチャリングで参加

似たようなキーフレーズ

Red Eye

Red Eye(レッドアイ)は日本のラッパー。大阪市住之江区出身。「第12回高校生RAP選手権」でイリーガルなライムと同大会では独自性の高いレゲエフロウで鮮烈な印象をあたえた。本名は宮本大地(みやもとだいち)。...

G-HOPE

G-HOPEは、日本のラッパー。長野県出身。「第12回高校生RAP選手権」で準優勝を果たし、一躍注目を集める。地元ではFFF Crew(G-HOPE&Andmin)、Dore Mirage(Lisa lil vinci, G-HOPE, Andmin)といったクルーにも所属。...

RichChigga

「Dat $tick」のバイラルヒットによりシーンに一気に名を刻んだインドネシアのラッパー。コメディアンとしてのキャリアを生かしたユーモアも抜群。

G.K.MARYAN

G.K.MARYAN(ジー・ケー・マーヤン)は日本のラッパー。本名は小林雅史。 KAMINARI-KAZOKU.(雷)のオリジナルメンバーであるほか、ヒップホップクラシックとして名高い「証言」(1995年)にLAMP EYEの一員としても参加している。「証言3」を担当。2000年に...

Awich

Awichは、日本のラッパー、シンガー、経営者。沖縄県那覇市出身。1986年生まれ。本名は浦崎亜希子。ヒップホップクルー・YENTOWNに所属。沖縄の文化を発信するマーケティング企業「CIPHER CITY」代表。...

Anatomia

Anatomiaは、日本のラッパー。埼玉県出身。ネットラップシーンで活動し、「高校性RAP選手権」の出場によって話題となる。

JP THE WAVY

JP THE WAVYは、日本のラッパー、1993年生まれ。ダンサー。ヒップホップクルー・D.T.R.I(Do The Right Inc.)にも所属し、過去にLil Rightという名義でも活動していた。

ぼくのりりっくのぼうよみ

ぼくのりりっくのぼうよみとは、ラッパー/ボーカリストとして活動する男性アーティスト。ファンからの愛称は『ぼくりり』。 ニコニコ動画で楽曲を投稿したことをきっかけに文学的なリリック・洗礼されたメロディー・歌唱力でネットラップ界を揺るが...

電波少女

電波少女とは、ラッパーのハシシ、DJ(ボタンを押す係)/ダンサーのnicecreamから成るヒップホップクルー。 ネットラップのシーンから登場し、多方面から注目を集める。2017年夏にソニーミュージックレーベルズ内アリオラジャパンからメ...

YDIZZY

YDIZZYとは、日本のラッパー。ヒップホップクルー・kiLLaに所属。1994年生まれ。渋谷区神山町出身。

ちゃんみな

ちゃんみなとは、第9回高校生RAP選手権への出場で話題を呼んだ東京都練馬区出身のJKラッパー。通称・練馬のビヨンセ。2017年、ビクターエンタテインメントからメジャーデビュー。...

野崎りこん

野崎りこんとは、兵庫県神戸市出身のラッパー。2009年、インターネットを中心に活動を開始。 電波少女、OMSB(SIMI LAB)等のアルバムに客演で参加。 2017年6月7日に1stアルバム「野崎爆発」を術ノ穴よりリリース。...

YOUNG HASTLE

YOUNG HASTLE​​(ヤングハッスル)とは、日本のラッパー。 中学3年時にキングギドラに出会い、衝撃を受ける。ZEEBRAのスタイルに憧れると同時にUSヒップホップを吸収。 2002年にラップを始め、渋谷のクラブなどでライブ活動を展開。...

KOWICHI

KOWICHIとは、日本のラッパー。 DJ TY-KOH、YOUNG HASTLEらと「FLY BOY RECORDS」設立。 初ワンマンが逮捕で中止となったが、再開を望む声は大きい。

NAIKA MC

NAIKA MC(ナイカエムシー)とは、群馬県をベースに活動するラップ・アーティスト。 19歳の時、マイクを握り始め様々な音楽や文化に触れ感性を広げ、紆余曲折を経て、2007年地元群馬の仲間とラップ・グループ、夜光性POSSE(ヤコウセイポッセ)を結成し、...

呂布カルマ

呂布カルマとは、名古屋を拠点に活動しているラッパー。 2015年、「THE 罵倒 2015 GRAND CHAMPIONSHIP」「ENTER MC BATTLE 2015 SPOTLIGHT」「戦極MCBATTLE 第12章」で優勝するなど、MCバトルイベントで華々しい功績を収める。 一方で、トラックメイカ...

Amateras

Amateras(アマテラス)とは、イタリア出身、白金育ちのラッパー。 MCバトルにおけるスタイルは、イタリア生まれ、白金育ちの「金持ち自慢」、幼稚舎から現在の大学に至るまで慶應義塾に通う「高学歴自慢」。...

ハハノシキュウ

ハハノシキュウは、青森県弘前市出身のラッパー。また「母野宮子」名義で作詞家、コラムニストとしても活動中。 現在、1stアルバム『リップクリームを絶対になくさない方法』、DOTAMAとのコラボアルバム『13月』に続き、おやすみホログラムのプロ...

PUNPEE

東京都板橋区出身のヒップホップMC、トラックメイカー、DJ。PSGのメンバー。同ユニットのS.L.A.C.K.は弟。

YZERR

YZERRとは、神奈川県川崎市出身のラッパー。BAZOOKA!!! 高校生RAP選手権第5回大会の優勝者。 T-Pablowは双子の兄。YZERR・T-Pablow共にBADHOPに所属しており、双子でのユニット2WINとしても活動中。 2016年8月30日開催のBAZOOK...

この記事へのコメント(1)

SNSにも投稿する

twitter_flag facebook_flag
editoreal

AOMORI SHOGO

このページめっちゃ充実してる! ジメサギのことわかりづらいから勉強になりました

更新日: 623日前
  • 1
  • 2
  • 3
  • コメントを削除します。
    よろしいですか?

    ページトップへ