スチャダラパーは、日本のヒップホップユニット。MCのBOSE(MCボーズ)、ANI(スチャダラアニ)、DJのSHINCO(スヰンギン・シンコ)で構成される。

概要

1988年に桑沢デザイン研究所で知りあったBOSEとANI、そして浪人生だったSHINCOをDJに加えて結成。

1990年に高木完プロデュースによりMAJOR FORCEからメジャーデビュー。

1993年、デ・ラ・ソウルのアルバム「Buhloone Mindstate」にラッパーとして客演参加。高木完も参加している。日本のファン向けにつくられた日本盤のボーナストラックではなく、アルバムのオリジナルトラックに参加するという、日本人ラッパーによる海外アーティストの作品参加という非常に稀有な例となる。

1994年、小沢健二と共作した「今夜はブギーバック」が50万枚を超える大ヒット。「タモリのボキャブラ天国」のエンディングテーマにも採用され、お茶の間に日本語ラップ、ヒップホップ文化を浸透させるきっかけをつくる。いまなお、多くのシーンで使用される楽曲となっている。

作風

グループ名の由来は、1985年〜1992年に活動したギャグユニットラジカル・ガジベリビンバ・システムの1986年の公演「スチャダラ」(観劇したのはANIのみ)に「ラッパー」を組み合わせ「スチャラカでスーダラなラッパー」という意味合いを持つ。

これまでの海外ヒップホップのシーンのメインであった、ハードコアかつマッチョな路線とは対照的なア・トライブ・コールド・クエストやデ・ラ・ソウルといったグループに影響を受ける。

90年代初頭、ラジカル・ガジベリビンバ・システムなどの演劇シーンや、ナゴムレコードなどの日本のサブカルチャーの文脈が結合した「オモロ・ラップ」を提唱しつつ日本語ラップシーンに登場。

等身大かつコミカルなライムと高品位なトラックで存在感を示す。活動開始してまもなく、MAJOR FORCE主催の「第2回DJアンダーグラウンドコンテスト」において、「太陽にほえろ!」のテーマソングにラップを乗せるパフォーマンスが話題となり、特別賞を受賞(審査員だったECDは素晴らしさのあまり涙が出たと語る)、そのままMAJOR FORCEからデビューとなった。

似たようなキーフレーズ

Red Eye

Red Eye(レッドアイ)は日本のラッパー。大阪市住之江区出身。「第12回高校生RAP選手権」でイリーガルなライムと同大会では独自性の高いレゲエフロウで鮮烈な印象をあたえた。本名は宮本大地(みやもとだいち)。...

G-HOPE

G-HOPEは、日本のラッパー。長野県出身。「第12回高校生RAP選手権」で準優勝を果たし、一躍注目を集める。地元ではFFF Crew(G-HOPE&Andmin)、Dore Mirage(Lisa lil vinci, G-HOPE, Andmin)といったクルーにも所属。...

RichChigga

「Dat $tick」のバイラルヒットによりシーンに一気に名を刻んだインドネシアのラッパー。コメディアンとしてのキャリアを生かしたユーモアも抜群。

G.K.MARYAN

G.K.MARYAN(ジー・ケー・マーヤン)は日本のラッパー。本名は小林雅史。 KAMINARI-KAZOKU.(雷)のオリジナルメンバーであるほか、ヒップホップクラシックとして名高い「証言」(1995年)にLAMP EYEの一員としても参加している。「証言3」を担当。2000年に...

Awich

Awichは、日本のラッパー、シンガー、経営者。沖縄県那覇市出身。1986年生まれ。本名は浦崎亜希子。ヒップホップクルー・YENTOWNに所属。沖縄の文化を発信するマーケティング企業「CIPHER CITY」代表。...

Anatomia

Anatomiaは、日本のラッパー。埼玉県出身。ネットラップシーンで活動し、「高校性RAP選手権」の出場によって話題となる。

JP THE WAVY

JP THE WAVYは、日本のラッパー、1993年生まれ。ダンサー。ヒップホップクルー・D.T.R.I(Do The Right Inc.)にも所属し、過去にLil Rightという名義でも活動していた。

ぼくのりりっくのぼうよみ

ぼくのりりっくのぼうよみとは、ラッパー/ボーカリストとして活動する男性アーティスト。ファンからの愛称は『ぼくりり』。 ニコニコ動画で楽曲を投稿したことをきっかけに文学的なリリック・洗礼されたメロディー・歌唱力でネットラップ界を揺るが...

電波少女

電波少女とは、ラッパーのハシシ、DJ(ボタンを押す係)/ダンサーのnicecreamから成るヒップホップクルー。 ネットラップのシーンから登場し、多方面から注目を集める。2017年夏にソニーミュージックレーベルズ内アリオラジャパンからメ...

YDIZZY

YDIZZYとは、日本のラッパー。ヒップホップクルー・kiLLaに所属。1994年生まれ。渋谷区神山町出身。

ちゃんみな

ちゃんみなとは、第9回高校生RAP選手権への出場で話題を呼んだ東京都練馬区出身のJKラッパー。通称・練馬のビヨンセ。2017年、ビクターエンタテインメントからメジャーデビュー。...

野崎りこん

野崎りこんとは、兵庫県神戸市出身のラッパー。2009年、インターネットを中心に活動を開始。 電波少女、OMSB(SIMI LAB)等のアルバムに客演で参加。 2017年6月7日に1stアルバム「野崎爆発」を術ノ穴よりリリース。...

YOUNG HASTLE

YOUNG HASTLE​​(ヤングハッスル)とは、日本のラッパー。 中学3年時にキングギドラに出会い、衝撃を受ける。ZEEBRAのスタイルに憧れると同時にUSヒップホップを吸収。 2002年にラップを始め、渋谷のクラブなどでライブ活動を展開。...

KOWICHI

KOWICHIとは、日本のラッパー。 DJ TY-KOH、YOUNG HASTLEらと「FLY BOY RECORDS」設立。 初ワンマンが逮捕で中止となったが、再開を望む声は大きい。

NAIKA MC

NAIKA MC(ナイカエムシー)とは、群馬県をベースに活動するラップ・アーティスト。 19歳の時、マイクを握り始め様々な音楽や文化に触れ感性を広げ、紆余曲折を経て、2007年地元群馬の仲間とラップ・グループ、夜光性POSSE(ヤコウセイポッセ)を結成し、...

呂布カルマ

呂布カルマとは、名古屋を拠点に活動しているラッパー。 2015年、「THE 罵倒 2015 GRAND CHAMPIONSHIP」「ENTER MC BATTLE 2015 SPOTLIGHT」「戦極MCBATTLE 第12章」で優勝するなど、MCバトルイベントで華々しい功績を収める。 一方で、トラックメイカ...

Amateras

Amateras(アマテラス)とは、イタリア出身、白金育ちのラッパー。 MCバトルにおけるスタイルは、イタリア生まれ、白金育ちの「金持ち自慢」、幼稚舎から現在の大学に至るまで慶應義塾に通う「高学歴自慢」。...

Jinmenusagi

Jinmenusagi(読み方:じんめんうさぎ)とは、1991年11月4日生まれ・東京都千代田区出身のラッパー。ファンから呼ばれる愛称はジメサギ、うさぎくん。 LOW HIGH WHO? PRODUCTIONに所属していたが独立し、インディペンデント業放つ(読み方...

ハハノシキュウ

ハハノシキュウは、青森県弘前市出身のラッパー。また「母野宮子」名義で作詞家、コラムニストとしても活動中。 現在、1stアルバム『リップクリームを絶対になくさない方法』、DOTAMAとのコラボアルバム『13月』に続き、おやすみホログラムのプロ...

PUNPEE

東京都板橋区出身のヒップホップMC、トラックメイカー、DJ。PSGのメンバー。同ユニットのS.L.A.C.K.は弟。

この記事へのコメント(0)

SNSにも投稿する

twitter_flag facebook_flag
更新日: 846日前

コメントを削除します。
よろしいですか?

ページトップへ