13

POPなポイントを3行で

  • 沈みゆく国、ツバルの情報サイトがローンチ
  • サイトが「沈む」機能が実装されている
  • 大月壮の「アホな走り集」ツバル編も公開されている

最新ニュースを受け取る

世界初 ツバルの「沈む」Webサイト 大月壮や佐藤ねじらが制作

アホな走り集 / ツバル編 “Silly Running in Tuvalu” より

8月1日、世界初の「沈む」Webサイト「ツバル~沈みゆく旅行記~」がローンチした。

これは映像作家の大月壮さん、映像スタッフの田村聡さん、環境アクティビストの清水イアンさんが中心となり企画し、佐藤ねじさんと橋本大和さんが制作をつとめたWebサイト。
ツバル 沈みゆく旅行記

ツバル~沈みゆく旅行記~

2018年の1〜2月にかけて、ツバルに滞在したメンバーが現地で体験したことをまとめた対談やコラムを中心に、情報が少なく謎に包まれた小国・ツバルに関して幅広い情報を提供。また海面上昇問題についての啓蒙を行なっている。

沈みゆく島国・ツバルをポップに紹介

ツバルは、オセアニア大陸のある島国。世界で4番目に小さな国として知られており、地球温暖化による海面上昇によって、近い将来、海中に沈んでしまうことが危惧されている。

今回公開されたWebサイト「ツバル~沈みゆく旅行記~」は、ページ上に、ツバルの現在の水位とリアルタイムで連動した「海面」が仕掛けられ、ツバルの水位が上がると、サイトの海面も上昇し、コンテンツが水没して読めなくなってしまうという仕様がほどこされている。 ツバル サイトの海面上昇は、サイトをシェアするか、Yahoo!募金を経由した特定非営利活動法人ツバルオーバービューへの募金によって抑えることができる。

また、対談やコラムのほかにも、大月壮さんによる映像作品「アホな走り集」の最新作として「アホな走り集 / ツバル編」も公開。
アホな走り集 / ツバル編 “Silly Running in Tuvalu”
アホな走りに挑戦する愉快なツバルの人々と、足元に広がる深刻な浸水被害のコントラストが不思議な感動を沸き起こさせる作品となっている。

ポップとは、未来を考えること

こんな記事も読まれています

関連商品

地球温暖化、しずみゆく楽園ツバル

著者 : 山本 敏晴
発売 : 2008年1月17日
価格 : 1,620円(税込み)
販売元 : 小学館

編集部のオススメです!

関連キーフレーズ

「大月壮」を編集する

キーフレーズの編集には新規登録またはログインが必要です。

この記事をツイート 6

KAI-YOUをフォローして
最新情報をチェック!

この記事へのコメント(0)

SNSにも投稿する

twitter_flag facebook_flag

コメントを削除します。
よろしいですか?

ページトップへ