「POPisHere」×「MARKEY」×「KUDAN」ラフォーレ原宿で新世代ストリートブランドが邂逅

Click
open

特集 | 市場規模はマヨネーズ並み!人生を変えるカードゲームの魔力

49

約18年の連載に終止符! 貞本エヴァはどのような終わりを描くのか

「ヤングエース」7月号 表紙

アニメ「新世紀エヴァンゲリオン」のキャラクターデザインを担当している、貞本義行さんによるコミカライズ作品『新世紀エヴァンゲリオン』が、6月4日(火)発売の「ヤングエース」7月号でその連載の完結を迎える。

漫画版『新世紀エヴァンゲリオン』は、「月刊少年エース」1995年2月号から連載を開始。その後、2009年の「ヤングエース」創刊号から移籍して連載を続け、途中、アニメ版の劇場版や新劇場版、他のアニメへの参加などによる休載を挟みつつ、約18年間連載されてきた。

本作品は、1995年10月から放送されたアニメ版に先行して連載が始まったが、アニメの原作ではなく、TVシリーズと旧劇場版の原案・脚本を元にしたコミカライズ作品となっている。ただし、キャラクターの性格やストーリー展開に若干の違いがあり、貞本さん独自の解釈が加えられている。しかし、その違いも多くのエヴァファンの心を掴み、創刊時から「ヤングエース」を牽引する作品となっていた。

「ヤングエース」7月号には、貞本さんと「ヱヴァンゲリヲン新劇場版」のシリーズ監督・鶴巻和哉さんによる対談の後編(6月号に掲載された対談の続き)や、「ヱヴァンゲリヲン新劇場版」総監督の庵野秀明さんらによる「完結お祝いメッセージ集」が掲載されるほか、「レイ総集編ポスター」も付録につき、長い連載のクライマックスを盛り上げてくれそうだ。

一体どのような完結を迎えるのか、6月4日(火)はその話題でもちきりになりそうだ。

ヤングエース|角川書店
http://www.kadokawa.co.jp/ya/

新世紀エヴァンゲリオン|角川書店
http://www.kadokawa.co.jp/eva/

こんな記事も読まれています

Recommended by

関連キーフレーズ

「新世紀エヴァンゲリオン」を編集する

キーフレーズの編集には新規登録またはログインが必要です。

この記事をツイート 38

KAI-YOUをフォローして
最新情報をチェック!

この記事へのコメント(0)

SNSにも投稿する

twitter_flag facebook_flag

コメントを削除します。
よろしいですか?