67

最新ニュースを受け取る

荒木飛呂彦、ジョジョ30周年原画展 国立新美術館に手塚治虫以来の漫画家

「荒木飛呂彦原画展 JOJO 冒険の波紋」/画像は公式サイトより

漫画『ジョジョの奇妙な冒険』の30周年の集大成として「荒木飛呂彦原画展 JOJO 冒険の波紋」が2018年の夏、東京・六本木の国立新美術館にて開催されることが明かされた。

『ジョジョの奇妙な冒険』とは?

『ジョジョの奇妙な冒険』は、荒木飛呂彦さんによる日本の漫画作品。

1986年より、漫画雑誌『週刊少年ジャンプ』『ウルトラジャンプ』にて長期に渡り連載。シリーズの単行本は100巻を越え、累計発行部数が1億部を超えるほどの人気作品だ。

そして今回、30周年を迎えて原画展が、国立新美術館にて開催することが発表された。国立美術館で開催される漫画家の個展としては、手塚治虫さん以来28年振り2人目となる。

なお、原画展の開催決定に寄せて、荒木さんより直筆コメントが公開されている。

今後の続報からも目が離せない。

漫画・アニメの最新ニュース

こんな記事も読まれています

関連商品

荒木飛呂彦の漫画術 (集英社新書)

著者 : 荒木 飛呂彦
発売 : 2015年4月17日
価格 : 450円(税込み)
販売元 : 集英社

関連キーフレーズ

「荒木飛呂彦」を編集する

キーフレーズの編集には新規登録またはログインが必要です。

この記事をツイート 14

KAI-YOUをフォローして
最新情報をチェック!

この記事へのコメント(0)

SNSにも投稿する

twitter_flag facebook_flag

コメントを削除します。
よろしいですか?

ページトップへ