142

最新ニュースを受け取る

「シリアルキラー展2」 連続殺人犯の残した作品から内面を読み解く

画像はヴァニラ画廊(@vanilla_gallery)より

連続殺人犯・シリアルキラーによる作品を展示する「シリアルキラー展2」が、東京・銀座のヴァニラ画廊で開催される。

5月11日(木)から6月11日(日)までを前期、6月13日(火)から7月17日(月)までを後期として展示内容も総入れ替え。彼らのバックグラウンドまでを解説する資料とともに展示する。

殺人ピエロ」ことジョン・ウェイン・ゲイシーさんや、「月夜の狂人」エド・ゲインさんなど、目を背けたくなる凶行を犯した殺人者たちの残したさまざまな作品が展示される。

入場料は前期/後期いずれも限定パンフレット付きで2000円。土日祝日のみ事前のチケット購入が必要なため、注意したい。

殺人者の深淵を垣間見る展示

2016年にも開催された「シリアルキラー展」。

小説『羊たちの沈黙』などに登場する架空の殺人者であるハンニバル・レクターのモデルの1人となったヘンリー・リー・ルーカスさんのほか、IQ160の頭脳を持つと言われる高知能殺人犯のテッド・バンディさんなど、世界的に知られるシリアルキラーの作品を多く展示していた。

今回も2016年同様に、凶悪なシリアルキラーたちの作品やセルフポートレート、手紙などのあらゆる資料を収集するHNさんのコレクションを展示。
前記の展示作品から一部を抜粋/画像はシリアルキラー展2公式サイトのスクリーンショット

前記の展示作品から一部を抜粋/画像はシリアルキラー展2公式サイトのスクリーンショット

前期には「世界中を恐怖に陥れた最凶のピエロ」ことジョン・ウェイン・ゲイシーさんや、「パリの吸血鬼」と呼ばれたニコラス・クローさん、「人肉ハンバーガーショップ」の異名を持つジョー・ロイ・メセニーさんらの作品が並ぶ。
後期の展示作品から一部を抜粋/画像はシリアルキラー展2公式サイトのスクリーンショット

後期の展示作品から一部を抜粋/画像はシリアルキラー展2公式サイトのスクリーンショット

後期には「虐待と戦争が生んだ怪物」アーサー・ショークロスさんや「悪のシンボル」ことチャールズ・マンソンさんらのほか、「女殺人鬼たち」「闇社会の住人達」と銘打った展示も。 さらに、オカルト研究家・吉田悠軌さんによるトークイベントも実施されるが、「報道されない危険事案の身ぐるみ剥がす」というテーマも話題となりすでにチケットは完売している。

殺人という行為に取り憑かれたシリアルキラーたちの作品から精神世界を垣間見ることができる貴重な機会になりそうだ。

もっとアートに触れたい

こんな記事も読まれています

関連商品

シリアルキラーズ -プロファイリングがあきらかにする異常殺人者たちの真実-

著者 : ピーター・ヴロンスキー, 松田和也
発売 : 2015年10月23日
価格 : 3,888円(税込み)
販売元 : 青土社

イベント情報

シリアルキラー展2

会期 5月11日(木)~6月11日(日)、6月13日(火)~7月17日(月・祝)
入場料 2,000円(税込)
来場者限定・展示パンフレット付き
平日営業時間 12:00~19:00 最終入場18:30まで

関連キーフレーズ

「シリアルキラー」を編集する

キーフレーズの編集には新規登録またはログインが必要です。

この記事をツイート 37

KAI-YOUをフォローして
最新情報をチェック!

この記事へのコメント(0)

SNSにも投稿する

twitter_flag facebook_flag
+ コメントをもっと見る

コメントを削除します。
よろしいですか?

ページトップへ