7

getnews
ビヨンセ、グラミー賞で素晴らしいパフォーマンスを披露

2017年グラミー賞で最も待望されていたビヨンセのパフォーマンスは、やはり期待を裏切らなかった。

母ティナ・ノウルズが、グラミー賞にノミネートされた双子妊娠中の娘を誇らしげに紹介した。

「紳士淑女の皆さま、自慢の娘、ビヨンセです」(ノウルズ)。

巨大スクリーンに映し出されたホログラフィック映像と共に、ビヨンセがパフォーマンスを始めた。映像はステージ上を歩くビヨンセの姿に入れ替わった。視覚的な魅力あふれるパフォーマンスで、ビヨンセは曲の合間に詩的な一節を挟みながら、アルバム『レモネード』から『ラヴ・ドラウト』と『サンドキャッスルズ』の2曲を披露した。

「生まれたときのことを覚えていますか?」(ビヨンセ)。

パフォーマンスの途中、ビヨンセの母と娘のブルー・アイヴィー・カーターを含む3世代の母娘の映像が映し出された。

金色のガウンとヘッドドレスを身にまとったビヨンセは、バックダンサーに囲まれた長テーブルの上でパフォーマンスを披露。重力に逆らう仕掛けを施した椅子に座り、そのままもたれかかった。現場関係者によると、このパフォーマンスの準備にはかなりの時間がかかったという。パフォーマンスは母性への崇拝であり、出産を暗示する多くのイメージがあった。

今回のグラミー賞で、ビヨンセはヴィジュアル・アルバム『レモネード』で9部門にノミネートされた。この作品は彼女にブレイクするチャンスを与え、グラミー賞に関する2つの記録を与えた。1回の授賞式で最大数のトロフィーを獲得したという記録と、人生で最多のグラミー賞に輝いた女性アーティストという記録だ。
しかし、パフォーマンスのために舞台に上がった時点で、ビヨンセはノミネートされていた前半5部門のうち、4部門の受賞をすでに逃していた。

ビヨンセのグラミー賞でのパフォーマンスはこちら:

関連リンク
    メリル・ストリープ、役になりきれなかった映画があると告白
    TOHOシネマズ、新たに日本国内で10劇場のIMAXシアターを導入決定
    『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』、公開初週で1億7000万ドルの売上を超えるか

    執筆者:Variety Japan

    こんな記事も読まれています

    関連キーフレーズ

    「ビヨンセ」を編集する

    キーフレーズの編集には新規登録またはログインが必要です。

    この記事をツイート 2

    KAI-YOUをフォローして
    最新情報をチェック!

    この記事へのコメント(0)

    SNSにも投稿する

    twitter_flag facebook_flag

    コメントを削除します。
    よろしいですか?