23

e-talentbank

最新ニュースを受け取る

星野源×「逃げ恥」脚本家・野木亜紀子の対談が実現。「源さんと世間話をしてきました」「ひたすらガッキーの話を…」

ニュース週刊誌「AERA」(朝日新聞出版)では、2017年2月6日発売号(2月13日号)から4週にわたって、星野源の対談連載「音楽の話をしよう」のゲストに脚本家・野木亜紀子を迎える。

ドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』で津崎平匡役を演じた星野源と、脚本を担当した野木亜紀子が、ドラマの裏話から、演技について、脚本家の醍醐味、作品への思い、そしてもちろん音楽の話まで、たっぷり語り合った。

この対談について、野木は自身のTwitterにて「源さんと世間話をしてきました。」「四週連続。ちなみに二週目はひたすらガッキーの話をしてます。」とコメントしている。

連載「星野源 音楽の話をしよう」は、 2016年4月から掲載している対談連載。「雑談の中には本質が眠っている」と話す星野源。「音楽の話をしよう」は、 喫茶店のカウンターでゲストの方と横並びになり、コーヒーを飲みながらぼそぼそと話をする対談。台本も質問案もなし。これまで、細野晴臣、バカリズム、ディーン・フジオカなど、ジャンルを問わずゲストで迎えている。

こんな記事も読まれています

関連キーフレーズ

「星野源」を編集する

キーフレーズの編集には新規登録またはログインが必要です。

この記事をツイート 11

KAI-YOU.netでは、ユーザーと共に新しいカルチャーを盛り上げるため、会員登録をしていただいた皆さまに、ポップなサービスを数多く提供しています。

会員登録する > KAI-YOU.netに登録すると何ができるの?

この記事へのコメント(0)

SNSにも投稿する

twitter_flag facebook_flag

コメントを削除します。
よろしいですか?

ページトップへ