65

古川日出男が『平家物語』を現代訳に構成 帯絵は松本大洋!

河出書房新社公式サイトより

12月9日(金)、「池澤夏樹=個人編集 日本文学全集」シリーズを構成する一巻として、『平家物語』が河出書房新社より刊行される。

訳者は小説家・古川日出男さん。帯のイラストは漫画家の松本大洋さんが手がける。全908ページ、価格は3,780円(税込)。

語りの魔術師・古川日出男さんの『平家物語』

『平家物語』は鎌倉時代に成立したと思われる、平家の栄華と没落の過程を描いた軍記物語だ。

混迷極まる政治や相次ぐ災害、そして戦争といった日本における歴史的な転換点が描かれていく。

古川日出男さんは、『アラビアの夜の種族』や『女たち三百人の裏切りの書』といった著作の多くで「歴史」「偽史」をテーマに、重厚で長大な、そして時にポップな作品も残す小説家。

そんな彼がどのように日本古来のエンターテイメント巨編である『平家物語』を訳すのか、要注目だ。

こんな記事も読まれています

関連商品

平家物語 (池澤夏樹=個人編集 日本文学全集09)

著者 : 古川日出男(翻訳)
発売 : 2016年12月8日
価格 : 3,780円(税込み)
販売元 : 河出書房新社

関連キーフレーズ

「古川日出男」を編集する

キーフレーズの編集には新規登録またはログインが必要です。

この記事をツイート 13

KAI-YOUをフォローして
最新情報をチェック!

この記事へのコメント(0)

SNSにも投稿する

twitter_flag facebook_flag

コメントを削除します。
よろしいですか?