76

最新ニュースを受け取る

喧嘩上等!? ヒップホップ名物“ビーフ”から見る日本語ラップ事情

写真は編集部員のふじきりょうすけとコダック川口

KAI-YOU編集部からヒップホップにおけるビーフについて書くよう依頼を受けた。おそらく後述するKNZZ漢 a.k.a. GAMI(漢)のビーフが盛り上がっているからだろう。

しかし「そもそもビーフって何?」という読者も多いはずだ。まずそこから簡単に解説しよう。

ビーフとは、ラッパー同士が楽曲を通してディスりあうことなどを指す。では、なぜ「牛肉」(BEEF)なのか。

元ネタは1984年にアメリカで放送されたファストフードチェーン・ウェンディ―ズのテレビCMだ。このCMでは他社のハンバーガーの肉の小ささを揶揄するため「肉はどこ?」(Where's the beef?)と繰り返す。

この挑発的なキャッチフレーズから、BEEFがディスりあいを意味するようになった。
Where's the Beef
アメリカでは、今に至るまでビーフは絶えない。というより、ビーフがヒップホップの目玉のひとつであると言ったほうがよいだろう。

西海岸勢と東海岸勢のラッパー達がディスりあった東西抗争が最も有名だ。このビーフはノトーリアス・B.I.G2PACがそれぞれ銃殺されるという最悪の結果になった。

ほかにも、2000年代前半に合計7曲でお互いをディスりあったジェイ・ZとNas、ヒップホップ雑誌『The Source』をディスったエミネムなど、トップのラッパー達もビーフに参加している。
Eminem - The Sauce (Benzino Diss) [Music Video]
最近でもドレイクとミーク・ミル、カニエ・ウェストとウィズ・カリファ、同じくカニエとテイラー・スウィフトなどのビーフが記憶に新しい。

文:佐藤雄一 編集:ふじきりょうすけ

日本を代表するビーフ「K DUB SHINE VS DEV LARGE」

では日本のビーフ事情はどうだろうか。

これも短くない歴史と多様性があるが、一番有名なのは2004年に繰り広げられたキングギドラK DUB SHINEBUDDHA BRANDDEV LARGEという、日本語ラップを代表する2人によるビーフだろう。
Unknown-2

(左)K DUB SHINE/画像は公式サイトより(右)DEV LARGE

このビーフが起きた直接のきっかけは、K DUB SHINEによる「来たぜ」(K DUB SHINE『理由』収録)の「そんとき初めて出会ったブッダ/バトルは俺が完全に食った」というリリックである。

これに怒ったDEV LARGEが、ネット上でK DUB SHINEのディス曲「ULTIMATE LOVE SONG」をドロップ。

その10日後、K DUB SHINEがアンサー曲「1 THREE SOME」を発表。それに対し、DEV LARGEが再アンサー「前略ケイダブ様」で応戦した。

このビーフにはポイントが2つある。

1つ目は、同じくアメリカ帰りのラッパーであるK DUB SHINEとDEV LARGEの価値観の違いがクリアになったことだ。

まず日本語で韻を踏むことにこだわりがあり、バイリンガルラップを繰り返し否定してきたのがK DUB SHINEだ。

それに対し、バイリンガルラップの代表のような存在であるDEV LARGEは、「ULTIMATE LOVE SONG」で「日本語母国語ヌカすわりに テメェのこたぁ棚におざなり オマエの芸名自体英語だろ S・H・I・N・E 読みは『死ね』」とK DUB SHINEをディスる。

日本語ラップにあった2つの大きな流れ。つまりキングギドラのような日本語で固い韻を踏む流れと、BUDDHA BRANDやこのビーフでも名前が出てくるSEEDAのようなバイリンガルラップという流れがここで衝突したということになる。
DEV LARGE - ULTIMATE LOVE SONG
2つ目は、アメリカのビーフのマナーをかなり洗練された形で落とし込んでいることだ。

DEV LARGEの「ULTIMATE LOVE SONG」では、スヌープ・ドッグら西海岸勢による東海岸ディス曲「New York,New York」のトラックがほぼそのまま用いられており、繰り返されるサビ、フック部分もこの曲を意識してつくられている。

そして「New York, New York」に対する東海岸勢のカポーン・アンド・ノリエガが放ったアンサー「L.A., L.A.」のトラックもサンプリングされ、“大抗争感”を演出しているのだ。

それに対し、K DUB SHINEも「1 THREE SOME」のなかで「デ 出たことないアルバム/ブ 文章支離滅裂/ラ ライムとはなんか別モン/ジ 自分に自信ねーだろ?」と、相手の名前であいうえお作文をつくり痛いところを突く。
K DUB SHINE - 1 THREE SOME
これはKRS・ワンとネリーのビーフなどでも使われた手法で、あくまでアメリカのヒップホップマナーを日本語に落とし込むK DUB SHINEのこだわりがここでも感じられる。

必ずしもディスに対するアンサーがあるわけではない

この「K DUB SHINE VS DEV LARGE」によるビーフは、スキル、リテラシー、存在感がすべて突き出た最高レベルのビーフのひとつと言える。

しかし、このようなビーフも、あくまで両者がファイテングポーズをとることで成立するものだ。ディスを発表してもアンサー曲が返ってこないということも多い。

たとえばDEV LARGEは、98年にもDJ HAZIME、SUIKENらと「カモ狩り(COMIN' AT CHA BABY PT.2)」という曲を発表し「所詮どの道草食動物 肉食動物に食われるのがルール」と明確に「草食動物」とZeebra(しまうま)をかけてディスった。
DEV-LARGE&SUIKEN feat DJ HAZIME - カモ狩り
これはZeebraとOZROSAURUSの曲「狩人の唄」が、DEV LARGEへのディスと受け取ったことに端を発したディスだ。だがZeebraは、それは誤解でDEV LARGEは大切な友人だ、という趣旨のコメントをし、ビーフにはならなかった。

なおDEV LARGEが、このときK DUB SHINEにかつがれたと感じ、根に持っていたことで前述した2004年のビーフにつながる。

また2009年に、SEEDAOKIがヒップホップグループ・TERIYAKI BOYSをディスった「TERIYAKI BEEF」も屈指の名ディス曲だ。
TERIYAKI BEEF / SEEDA & OKI (GEEK)
だが、TERIYAKI BOYSはアンサー曲を出さず、メンバーのVERBALとディスったSEEDAによるポッドキャスト上での話し合いという形に落とし込む。

SEEDAはそこでフリースタイルを挑んだが、VERBALがそもそもフリースタイル慣れをしておらず、かみ合わない平行線をたどった。
ZIMA presents VERBALEYEZ:SEEDA x VERBAL #8-2
もちろん、ビーフをしかけられたら必ず返すべきというわけではない。そもそも有名なラッパーであればすべてのディスに返すことなど物理的に不可能だ。

またアンサーは出しても、これ1回きりと宣言して、泥仕合を避けることもよくある。

加熱したビーフは肉弾戦にも発展

やや不発気味のビーフがある一方、両者が過熱しすぎて肉弾戦になることもある。なかでも有名なのは「漢 VS DABO」だろう。
Unknown-3

(左)漢 a.k.a. GAMI/画像は公式サイトより(右)DABO

合計6曲もお互いのディス曲を発表したこのバトルは、価値観の違い、双方のスキルの高さもあり極めて過熱し、また盛り上がった。

虚構を嫌い、事実ありのままを貫く漢は、車の免許を持っていないと言いつつ『恋のオートマ』を出したDABOに対し、「Freeky 風紀委員 feat. DJ BAKU」(MSC『MATADOR』収録)で「免許もねぇのにハンドル握ったオートマ車は廃車」とディス。

一方のDABOも「おそうしき feat.般若」(DABO『DIAMOND』収録)において「見ず知らずの自称風紀委員/扉越しになんくせ口火封切/待てどこのどいつだ小僧? ジュクのチンピラ? 知るかボケこのヤサは俺の陣地だ」 「お前のボンクラクルーがわななく 棺が運ばれてくぜまもなく」 「そのザマにカンカンカンだバカラッパー」と、気の利いた虚構を織りまぜたパンチラインを繰り出す。

この両者の対決は、DABOが「おそうしき」をライブで歌う際、漢がステージ上に乱入してフリースタイルを仕掛けるという事態にまで発展していく。
おそうしき
また冒頭でも記述した通り、7月には、KNZZが「THIS IS DIS! feat. 敵刺」(KNZZ『Z』収録)を発表。

そこでディスられた漢とKNZZがイベントで一緒になり、ステージ上で乱闘、流血騒ぎにまで発展。その様子はInstagramなどでSNS上にすぐさま拡散された。
【ノーカット完全版】 KNZZ vs 漢a.k.aGAMI 「TOKYO NIGGAZ」@R LOUNGE

エンターテイメントに振り切ったビーフも

そのように武闘派のビーフがある一方、あえて正面から殴り合わない変化球のビーフも存在する。

たとえば2014年の「dodo VS サイプレス上野」がそうだ。

dodoが「サ上死ね」というディス曲を発表すると、サイプレス上野は自らの葬式写真とともに「サ上、死んだってよ。」をドロップ。
サ上、死んだってよ。
「死んだな、ついに死んじゃったか、まあ死ねっていわれちゃったもんな」と正面から相手の攻撃を受けず、サ上がdodoに言ったらしい「殺す」発言を「ごめん」と謝罪。その上で変化球のディスを繰り返す高度な芸を見せつけた。

ほかにも、他人のビーフにおちょくりつつ介入するパターンもある。

2011年に起こった「RAU DEF VS Zeebra」のビーフでは、売名行為のためだけにビーフを仕掛けたRAU DEFに対し、女性アイドルグループのBiSがDiS名義で「DEAR BEEF」を発表した。
【ナンダコーレ】DEAR BEEF  出演:DiS
この曲では前述の「TERIYAKI BEEF」のパロディ映像とともに「シマウマのセンパイに返り討ち 完敗/チャンRAU 一杯おごるよ めでてーおつむに乾杯だ」「あ、プロモ乙でした おっつー/次KREVAにすれば?/メジャーに頼るインチキフレーバー」とかなり的確かつ、エンターテインメント性の高いディスを繰り出した。

日本のヒップホップにビーフは華を添えるのか?

このように、日本語ラップにはオーディエンスを盛り上げてきた様々な種類のビーフが存在してきたし、いまも存在する。

とはいえ、先述したようなアメリカのビーフほど、一般リスナーへの認知度が高いとは言いがたい状況だろう。

アメリカのビーフは、ときにセレブゴシップとしての要素も持ち、ヘッズ以外にも広く拡散するコンテンツとなる。それに比べると、日本語ラップ自体まだまだマイナージャンルであり、ヘッズ以外へはビーフの認知度も低い。

また文化の問題もあるだろう。たとえば、アメリカにはラップの源流の1つともいわれる、ダズンズという文化がある。これは衆人環視の場において、1対1で互いの悪口を競うアフロアメリカンの伝統だ。

一方、日本語ラップにもそのように自国の罵倒文化もしくは伝統芸とストレートに連なっているかといえば、そうとは言いづらい。

もちろん、歌舞伎の名台詞「知らざあ言って聞かせやしょう」(『青砥稿花紅彩画』の弁天小僧菊之助の台詞)を引用したTOKONA-Xのよう例もある。しかし、やはりビーフを含めラップの文化そのものがアメリカから輸入されてきたマナーという側面が強く、まだ完全に根付いていないため、ヘッズ以外のリスナーが引いてしまう面もあるのだろう。

だが幸いにも、アメリカのように死者をだすほど過熱したビーフもまだない。

フリースタイルダンジョン」などの効果もあり、ラップの罵倒文化は日本で確実に根付いてきている。リスナーを湧かせ、シーン全体のクオリティーを高めるビーフは、さらに注目を集めるだろう。

しかし、それだけに(いやそれがなくてもだが)、死者を出すようなビーフは絶対に避けてほしい。

こんな記事も読まれています

この記事をツイート 40

KAI-YOUをフォローして
最新情報をチェック!

この記事へのコメント(0)

SNSにも投稿する

twitter_flag facebook_flag
+ コメントをもっと見る

コメントを削除します。
よろしいですか?

ページトップへ