369

ラップをつくって歌うPepperくん 〜ろぼのりりっくのぼうよみ〜

感情認識ヒューマノイドロボット・Pepperが自動的にラップを歌う動画が、TwitterやYouTubeで話題を呼んでいる。

これは面白法人カヤックのプランナー・氏田雄介さんが開発し「ろぼのりりっくのぼうよみ」と名付けられたPepper。

Twitte上で「◯◯と✕✕で踏める」という韻を踏んでいるツイートを自動収集し、そこからラップの歌詞を自動生成していく。

棒読み感は最強のPepper「ろぼのりりっくのぼうよみ」

「ろぼのりりっくのぼうよみ」は、Twitterの「◯◯と✕✕で踏める」という投稿を検索し、読­み方を自動解析。そして、ラップの歌詞を自動生成するロボット。

パンプキン 還付金」や「風の谷のナウシカ 金もチャリもなくした」「バックトゥザフューチャー ワックつうかルーザー」など、毎回違ったリリックで半永久的にラップし続けることが可能だという。

公開された動画では、流れるトラックにのせ、棒読み感満載で韻を踏みつつ、パンチラインを放つPepperの姿が見られる。

開発した氏田さんはTwitterにて、「ろぼのりりっくのぼうよみ」へのライブやイベントの出演依頼を呼びかけており、ヒューマノイドとのMCバトルが実現される日も近いかもしれない。

名前の元ネタは「ぼくのりりっくのぼうよみ」

ぼくのりりっくのぼうよみ - 「CITI」ミュージックビデオ

「ろぼのりりっくのぼうよみ」の名前の由来は、注目のラッパー/ヴォーカリストであるぼくのりりっくのぼうよみさん。

これまでにヒップホップクルー・電波少女(DENPA GIRL) のハシシさんが主催するidler recordsからEP『Parrot’ s Paranoia』を発表。

2015年12月には1stアルバム『hollow world』をリリースし、大きな注目を集めるアーティスト。こちらは実際には棒読みではないので必聴だ。

こんな記事も読まれています

関連商品

hollow world

著者 : ぼくのりりっくのぼうよみ
発売 : 2015年12月16日
価格 : 2,160円(税込み)
販売元 : ビクターエンタテインメント

関連キーフレーズ

「ろぼのりりっくのぼうよみ」を編集する

キーフレーズの編集には新規登録またはログインが必要です。

この記事をツイート 67

KAI-YOUをフォローして
最新情報をチェック!

セーラー服美少女が本気相撲! 必殺技82連発の超POP動画
連載
ポップな動画を紹介してみた
全230記事

この記事へのコメント(1)

SNSにも投稿する

twitter_flag facebook_flag
tyanyone

わいがちゃんよねや

2016.02.01

ビート乗れて文意もあるかのように見せれたら面白い
佐々木あららさんの星野しずるを思い出した

コメントを削除します。
よろしいですか?