「POPisHere」×「MARKEY」×「KUDAN」ラフォーレ原宿で新世代ストリートブランドが邂逅

Click
open

特集 | 市場規模はマヨネーズ並み!人生を変えるカードゲームの魔力

250

『孤独のグルメ』作者による漫画『おそ松くん』が復刻! 全編無料公開

泉昌之『おそ松くん』(C)泉昌之/フジオプロ/イースト・プレス /Matogrossoより

原作・久住昌之さん、作画・泉晴紀さん(現在は和泉晴紀名義)の共同ペンネーム・泉昌之による、1996年に描いた読み切り漫画『おそ松くん』が、Webメディア・Matogrosso(マトグロッソ)にて、全ページ無料公開された。

泉昌之は、ドラマ化でブレイクを果たした『孤独のグルメ』の原作者・久住昌之さんと、『食の軍師』で久住さんとタッグを組んでヒットを飛ばしている和泉晴紀さんによる共同ペンネーム。

現在、TVアニメ『おそ松さん』が大きな反響を呼んでいるが、今回の読み切り漫画『おそ松くん』も、グルメ漫画を得意とする泉昌之だけに、ラーメン屋での6つ子のエピソードが描かれている。

国民的人気ギャグ漫画『おそ松くん』!

『おそ松さん』 『おそ松くん』は、稀代のギャグ漫画家・赤塚不二夫さんによる漫画作品。

顔がそっくりな6つ子の松野兄弟とその周囲の人々が織りなすドタバタをユーモラスに描いたギャグ漫画で、過去2回にわたりTVアニメ化されるなど国民的な人気を確立している。

そして、2015年10月。赤塚さんの生誕80周年を記念し、同作の兄弟たちが大人になった姿を描くTVアニメ『おそ松さん』が放送され、ぶっ飛んだ展開や時に考えさせるような展開などが反響を呼び、注目を集めている。

『孤独のグルメ』原作者による『おそ松くん』20年ぶりに復刻!

今回、Web上で無料公開された泉晴紀による読み切り漫画『おそ松くん』は、1996年に漫画誌『COMIC CUE Vol.2』にて掲載された作品。『孤独のグルメ』の主人公・井之頭五郎ばりにラーメンに痛く感動する、少し大人びた6つ子たちが劇画タッチで描かれている。

おなじみのイヤミチビ太も乱入し、泉昌之らしさがありながらも、原作さながらのドタバタコメディとなっている。

こんな記事も読まれています

Recommended by

関連商品

孤独のグルメ 【新装版】

著者 : 久住 昌之
発売 : 2008年4月22日
価格 : 1,180円(税込み)
販売元 : 扶桑社

関連キーフレーズ

「おそ松くん」を編集する

キーフレーズの編集には新規登録またはログインが必要です。

この記事をツイート 143

KAI-YOUをフォローして
最新情報をチェック!

この記事へのコメント(0)

SNSにも投稿する

twitter_flag facebook_flag

コメントを削除します。
よろしいですか?